ひき逃げで息子を失った母親が見せる執念 10万台以上のナンバー調べ

ざっくり言うと

  • 2009年9月、埼玉県熊谷市で当時10歳の少年がひき逃げをされ死亡した
  • 犯人を逮捕したい執念で、母親が自ら事件現場で10万台以上のナンバーを調査
  • 時効まで残り4カ月となり、1日でも早い解決を願って情報収集に奮起している

◆ひき逃げで息子を失った母による情報発信ブログ

どんな小さな情報でも結構ですので情報をお寄せください

ameblo.jp

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング