図 東京の最高気温と最低気温の推移(5月31日から6月6日までは気象庁、6月7日から9日はウェザーマップの予報)

写真拡大

令和に入ってから全国的に暖かい日が続いています。
5月26日には北海道の佐呂間で39.5度を観測し、北海道が5月の最高気温の記録を作りました。東京でも32.6度と5月の記録となるなど、各地で高温記録が続出しています。
大陸育ちの乾燥した高気圧に広く覆われ、雲が発生しにくいために、日射で気温が上昇することが多かったことが原因です。
フェーン現象もからんだ26日の北海道のような極端な高温にならないにしても、今後も暖かい日が続きます。
5月30日発表の異常天候早期警戒情報では、これまでの高温警戒区域に関東甲信が加わり、東北から東日本、西日本で高温に警戒となっています。

(気象予報士・饒村 曜)