【詳細】他の写真はこちら

■ネイルリムーバーは上手に使い分けよう!



ネイルリムーバーにはアセトン入りとアセトンフリーがあり、それぞれ特徴があります。どちらがいいとは言い切れないので、違いを認識して使い分けましょう。

・アセトン入りは濃いネイルのときに!使用頻度はおさえて



出典:photoAC ※写真はイメージです

アセトン入りのネイルリムーバーは、ラメやパールなどぴったり密着したアートもきれいに落としやすいことが特徴です。ただしリムーバー特有のにおいや刺激も強く、爪に負担がかかることも。子どもといっしょにネイルを楽しむときには、避けたほうが無難です。



・手をいたわりたいときはアセトンフリー!ナチュラルネイル向け



出典:photoAC ※写真はイメージです

アセトンフリーのネイルリムーバーは、刺激やにおいが少ないことが特徴です。頻繫にリムーバーを使用する場合や、子どもといっしょに使うときにおすすめ。ただしアセトン入りより落ちにくいので、しっかり重ね塗りしたネイルは残ってしまうことも。さらにアセトンフリーでも、酢酸エチルが配合されていると爪に負担がかかる可能性もあります。



・保湿成分やにおいもネイルリムーバーを選ぶときの判断基準に



ネイルリムーバーを選ぶときは、成分をしっかり確認することが大切です。安全にネイルを楽しむためにも、保湿成分が含まれているものや、においがマイルドなものを選んでくださいね。

■ネイルリムーバーの種類と上手な使い分け方



ネイルリムーバーはアセトンの有無以外にも、いくつかの種類があります。用途やシーンに合わせた使い分け方を見てみましょう。

・自宅でネイルオフするならボトルタイプが使いやすい



出典:ちふれのマニキュアアイテムを丸ごと調査!新色や人気色もチェック@steef_ishimasaさん

一般的によく見かけるネイルリムーバーは、『ちふれ』の「除光液」のようなボトルタイプ。コットンに取って使います。量も調整しやすいので、自宅で使うときには便利です。ただし少量でゴシゴシこすると爪に負担がかかるため、なるべくコットンにたっぷり染み込ませましょう。



・旅行や緊急時の備えに!シートタイプがあると◎



出典:photoAC ※写真はイメージです

すでにコットンにリムーバーが染み込んだ、シートタイプ。個包装になっているものが多く、持ち歩きに便利です。コンビニでもよく見かけますね。外出しているとき急にネイルがはがれて、汚く見えてしまうこともありますよね。そんなときもシートタイプのリムーバーをポーチに忍ばせておけば、サッと落とすことができます。



・こすらないので爪にやさしい!ジェルタイプ



コットンがなくてもネイルを落とせる、ジェルタイプ。爪に乗せてクルクルなじませ、そのまま水で洗い流します。こすらず落とせるので爪に負担がかかりにくいこと、ピンポイントで乗せられるので肌も傷めにくいことがメリットです。



・はみ出したネイルを修正したいときにはペンタイプ



先端のチップにリムーバーが染み込んだ、ペンタイプ。細かい部分を直したいときや、はみ出したネイルを落としたいときに役立ちます。

■これは買い!おすすめネイルリムーバー5選



それでは、おすすめのネイルリムーバーを5つご紹介します。

・肌にも財布にもやさしい!日常使いにぴったりな無印良品のリムーバー



出典:無印良品のネイルカラーで美しいナチュラルネイルを手に入れよう♡

『無印良品』の「除光液」は、天然オレンジ油配合。香りのよさが人気です。アセトンフリーなので、肌や爪にもやさしいんだとか。「においが気にならない」と、口コミでも高い評価を得ています。



・100円とは思えない!キャンドゥのシートは大容量



100均の『Can Do(キャンドゥ)』や『DAISO(ダイソー)』のネイルリムーバーも、プチプラとは思えないクオリティで人気なんです。キャンドゥの「ネイルリムーバーシート」は、なんと50枚入り。しかもフルーツの香りつきです。



・ダイソーは手間いらずでスルっと落ちるリムーバーが好評



ダイソーでは、指を入れるだけでネイルが落ちる「エルファーネイルキッス」がSNSで話題となりました。また、キャンドゥにもダイソーにもジェルネイルリムーバーがあるので、ジェルネイル派の方も要チェックです!



・トレンドナチュラル系!スリーなら同時に保湿も叶う



爪へのダメージを極力おさえたい方には、『THREE(スリー)』の「ボタニカルエッセンス ネイルポリッシュ リムーバー」がおすすめ。植物オイルがたっぷり配合され、爪を保湿しながらネイルをすっきり落としてくれます。



・香りにこだわりたいなら!シャネルははずせない



香りのいい化粧品といえば、やっぱり『CHANEL(シャネル)』。ネイルリムーバーの「エナメルリムーバー」も、繊細な香りです。本物志向の方におすすめ!

■ネイルリムーバーがない!代用品になるアイテムは?



勢いでセルフネイルをしたけれど、家にネイルリムーバーがない!そんなピンチのときは、次のものでも代用できますよ。

・エタノールなどのアルコールが入った消毒液



出典:photoAC ※写真はイメージです

ネイルリムーバーの多くはアルコールが主な成分として使われているため、アルコールがたくさん含まれたエタノールなどでも代用可能です。



・いい香りが指先に残る!コロン



出典:photoAC ※写真はイメージです

コロンもアルコール分が多く含まれているので、ネイルリムーバーに代用できるアイテム。香りもいいので、気分も高まります。



・マニキュアを重ねづけして落とす



エタノールやコロンがないときは、マニキュアをうえから塗って乾く前に拭き取りましょう。古いネイルもいっしょにはがれますよ。この方法は爪を傷めやすいので、最後にクリームでケアしてくださいね。

■捨てないで!余ったネイルリムーバーの便利な使い道



ネイルリムーバーを買ったはいいけど余ってしまった!そんなときも、ほかにこんな使い道があるんです。

・バーコードシールのベタベタを落とせる



プラスチックのおもちゃや容器を買ったとき、バーコードシールの粘着が残ることもありますよね。それらのベタベタも、ネイルリムーバーならサッと落とせます。



・インクが出ない油性ペンを復活させる



油性ペンのキャップを閉め忘れて乾いてしまったときも、アセトン入りのネイルリムーバーで復活できるんです。キャップにリムーバーを入れて、キャップを閉めて数分待つだけ!捨てる前に、ぜひ一度試してみてくださいね。



・デコパージュにも!マステを転写できる



紙・木材・プラスチックにマスキングテープの柄を転写したいときも、除光液が大活躍!転写したい部分にマスキングテープを貼ったら、うえから除光液をたっぷりかけましょう。ゴシゴシこすってはがせば、柄が写っているはず。



・靴や服についたインクを手軽に落とす



ネイルポリッシュを落とせる除光液は、靴や服についたインクを落とすこともできます。ただし本革やビニールレザーには使用できません。素材によっては傷むこともあるので、目立たないところで色落ちしないか試してから使いましょう。

■リムーバー選びはポリッシュより大切かも!?



セルフネイルをする方は、ぜひネイルリムーバーにもこだわってみてくださいね。より安心して楽しめるようになりますよ。