日本の農産物なのに訴えられる?品種死守のため農業関係者が対中闘争

ざっくり言うと

  • 日本生まれの農産物が海外で無断で商標出願されるケースが相次いでいる
  • 岡山では近年、果物の県産ブランドについて中国などでの商標出願を加速
  • 農業関係者は「権利は取られる前に、先に取りに行くことが大切」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング