川崎市多摩区の路上で登校中の児童らが襲われて19人が死傷した事件で、岩崎隆一容疑者(51)について、川崎市はきのう29日(2019年5月)に岩崎の伯父夫婦から計14回にわたって相談を受けていたことを明らかにした。

岩崎は80代の伯父夫婦と3人で暮らしていた。伯父夫婦が介護保険を利用するにあたり、「自宅に介護サービスの人が入った時に、おいが精神的動揺をきたさないか」という相談が、おととし11月(2017年)に川崎市に寄せられ、相談回数は今年1月までに面接8回、電話6回に及んだ。

面倒を見てくれる人がいなくなる不安で凶行?

市健康福祉局の坂元昇さんによると、伯父夫婦は岩崎の状態について、「暴力をふるったり暴れたりすることはないが、コミュニケーションがまったくない」と話したという。岩崎は伯父夫婦と顔を合わせないように、台所を使う時間やお風呂に入る時間を分けるルールを作っていた。

市の担当者の提案で、今年1月上旬(2019年)に伯父夫婦は岩崎の部屋の前に手紙を置いてみたが、岩崎は口頭で「食事、洗濯を自分でやっているのに、引きこもりとはなんだ」とドア越しに反論したという。

坂元さんは「(岩崎は)面倒をみてくれている人が老いていくという現実を見た時に、とてつもなく不安になったと思います。その不安が今回の事件に結びついたかどうかはわかりませんが」と話している。

他人を巻き込んでやろうという復讐心と絶望感

阿部祐二リポーター「伯父夫婦は恐怖を感じて相談したのではなく、自分たちがいなくなったら、この子はどうするんだろうかという不安、愛情から訴えたということでした」

下川美奈(日本テレビ解説委員)「引きこもりがすぐに自殺には直結しません。自分は社会に必要とされていないという絶望感と、他人を巻き込んでやろうという復讐心を招くきっかけがどこかにあったはずです。そのきっかけの解明が捜査のポイントとなります」