6月2日に行なわれるGI安田記念(東京・芝1600m)には、稀に見る豪華メンバーが顔をそろえた。

 なかでも注目は、現在国内外を含めてGI5連勝中のアーモンドアイ(牝4歳)の参戦だ。言わずと知れた昨年の牝馬三冠馬で、昨秋のGIジャパンカップ(11月25日/東京・芝2400m)では歴戦の古馬を蹴散らして2分20秒6という驚愕のレコードをマーク。先の海外GIドバイターフ(3月30日/UAE・芝1800m)でも、世界の難敵を下して快勝している。そんな向かうところ敵なしの牝馬がどんなレースを見せてくれるのか、多くのファンが熱い視線を送っている。

 さらに、一昨年のGI朝日杯フューチュリティS(阪神・芝1600m)を圧勝したダノンプレミアム(牡4歳)も出走。昨春のクラシックを前にして一頓挫あったものの、復活後はGII戦で2連勝を飾って、強力な明け4歳世代の代表格とも言える存在だ。

 そういう意味では、すでに現役最強馬の地位にあるアーモンドアイと、ダノンプレミアムによる同世代の牡牝”頂上決戦”は、おそらく現在の日本競馬界における最高峰の一戦となる。まさしく”夢の対決”が実現した今年の安田記念は、先週の日本ダービーにも劣らぬ熱気と興奮に包まれた舞台になりそうだ。

 ともあれ、胸躍る対決への期待と、馬券検討は別。先週のダービーでも、断然人気のサートゥルナーリアが馬券圏外の4着に沈んで、波乱の決着となった。

 しかも、安田記念は”荒れる”レースとして知られる。過去10年の結果を振り返ってみても、1番人気が4勝している一方で、7〜9番人気の伏兵が5勝も挙げている。加えて、3連単はすべて万馬券となっており、そのうち10万円超えの高配当が7度もある。強力な2頭が参戦するとはいえ、ひと筋縄では収まりそうもない。

 そうした状況から、今年も馬券は穴狙いに徹したい。そこで、過去の10年の結果を参考にして、「2強」を脅かしそうな伏兵馬を探し出してみたい。

 まず目がいくのは、上がり馬。それも、重賞やオープン戦でも好走しながら、人気のGI馬などの陰に隠れて人気薄となった馬の激走だ。

 たとえば、2011年に2着となったストロングリターン。条件戦を勝ち上がって、その後のGII京王杯スプリングC(東京・芝1400m)も勝って連勝を飾るも、三冠牝馬アパパネらに人気を譲って、5番人気にとどまっていた。

 昨年の覇者モズアスコットも同様だ。同馬は条件戦を4連勝したあとも、重賞とオープン特別で好走を続けるも、歴戦のGI馬がこぞって参戦し、9番人気という低評価に甘んじた。

 そして、今年も冒頭で挙げた2頭に人気が集中し、他馬の評価はかなり下がりそう。そこで、ピックアップしたいのが、インディチャンプ(牡4歳)だ。


安田記念で「2強」の一角崩しが期待されるインディチャンプ

 同馬も、先に触れたパターンと同じ上がり馬。条件戦を連勝して勝ち上がり、GIIIの東京新聞杯(2月3日/東京・芝1600m)も勝って3連勝を飾った。続くGIIマイラーズC(4月21日/京都・芝1600m)こそ4着に敗れたが、超スローペースに泣いたもので、悲観する内容ではなかった。

 それでも、今回は「2強」の存在によって、人気落ちは必至。「2強」の一角崩しまで見込める存在として、ここは狙いどころと見る。

 こうした上がり馬のパターンと似た形で、重賞やオープン戦で好走を続けながら”伏兵扱いのまま”という、地味な存在の台頭にも注意を払いたい。

 いい例になるのが、2010年に勝利を飾ったショウワモダン。同馬は、2走前にGIIIダービー卿CT(中山・芝1600m)を勝って、続くオープン特別のメイS(東京・芝1800m)も勝利するが、その連勝さえフロック視されて8番人気という低い評価だった。

 2012年に3着と奮闘したコスモセンサーも似たようなタイプ。オープン特別を連勝し、重賞の東京新聞杯で2着、マイラーズCでも3着と善戦していながら、GIでは力不足と見られてか、15番人気の超人気薄だった。

 また、2009年に3着に入ったファリダットは、重賞での好走経験が豊富にあって、前走の京王杯スプリングCでも3着と健闘しながら、距離不安などから10番人気。2013年に3着となったダノンシャークも、GIII京都金杯(京都・芝1600m)を勝ち、続くマイラーズCでも3着と好走していたが、好メンバーが集うなか12番人気と、ともに人気が急落していた。

 今年もこういうタイプ、つまり直近の重賞やオープン特別で好走、あるいは勝っていながら、人気落ちしそうな地味な存在が多い。名前を挙げれば、グァンチャーレ(牡7歳)、サクラアンプルール(牡8歳)、フィアーノロマーノ(牡5歳)、ロジクライ(牡6歳)といった面々だ。

 このうち、サクラアンプルールとフィアーノロマーノは、東京実績がやや乏しいのがマイナス材料。こうしたタイプの過去の激走馬は、東京での好走実績がそれなりにあったからだ。

 残るは、グァンチャーレとロジクライ。どちらも面白い存在だが、過去10年の勝ち馬の馬齢を見てみると、6歳馬が4勝でトップ。対する7歳馬は0勝となっている。加えて、3着以内に入った延べ30頭で見ても、6歳馬が10頭でトップ(※次点は5歳馬で9頭)であることを鑑みて、ここではロジクライを推したい。

 最後に取り上げたいのは、人気薄のGI馬である。

 2012年に13番人気、2014年には16番人気で2着に突っ込んできたグランプリボス。そして、2016年に8番人気で金星を挙げ、2017年には8番人気で2着に入ったロゴタイプがそうだ。

 グランプリボスは、朝日杯FSとNHKマイルC(東京・芝1600m)とマイルGIを2勝。ロゴタイプも、朝日杯FSと皐月賞(中山・芝2000m)とGI2勝の実績があった(※2017年のときは安田記念を含めてGI3勝の実績)。しかしながら、ともにやや波があるタイプで、GI戦では人気を落とすことが多かった。

 いずれにせよ、人気落ちのGI馬は軽視できない。今年のメンバーで言えば、ケイアイノーテック(牡4歳)、ペルシアンナイト(牡5歳)、モズアスコット(牡5歳)あたりがその候補となる。

 3頭のうち、まずセレクトしたいのは、ペルシアンナイトとモズアスコット。というのも、近年では暮れに海外GIの香港マイル(香港・芝1600m)を使って、年明けの国内レースでひと叩きした馬の好走例が多く、2頭は今年、そうした臨戦過程を踏んでいるからだ。

 2頭からさらに絞るなら、モズアスコットか。先述のコスモセンサーやダノンシャークをはじめ、2010年に6番人気で2着と好走したスーパーホーネット、同5番人気で3着となったスマイルジャック、2015年に12番人気3着入線を果たしたクラレント、2016年に6番人気で3着に入ったフィエロなど、穴馬の多くが前走でマイラーズCを経由してきているからだ。モズアスコットにも、同様の激走を期待したい。 舞台が東京に移ってから、波乱続きの春のGIシリーズ。「2強」に注目が集まる安田記念でも、大観衆のスタンドが静まり返るような決着が待っていても不思議ではない。そんな思わぬ結果を演出する馬が、ここに挙げた3頭の中にいるかもしれない。