FW田川亨介(FC東京)とMF斉藤光毅(横浜FC)の2トップが負傷交代

写真拡大

[5.29 U-20W杯グループB第3節 U-20日本代表 0-0 U-20イタリア代表]

 U-20ワールドカップに出場しているU-20日本代表はグループリーグ第3戦でU-20イタリア代表と0-0で引き分け、2位でグループリーグ突破を決めた。ただし、チームはアクシデントに見舞われ、3試合連続で先発したMF斉藤光毅(横浜FC)とFW田川亨介(FC東京)の2人が揃って負傷交代する事態となった。

 この日は初戦エクアドル戦と同じく、斉藤光と田川が2トップを組んだ。前半20分、クリアボールが裏に流れると、田川がトップスピードで抜け出し、GKと1対1の局面。決定的なシュートはGKに阻まれたが、この直前のプレーで負傷。田川は苦悶の表情で右太腿裏を押さえ、担架で運び出された。さらに後半31分、斉藤光が右サイドからドリブルを仕掛けた際に相手と接触。左肩付近を押さえ、ベンチに下がった。

 田川は右足だけサンダルを履いてミックスゾーンに現れ、取材陣に対応。「走っていて、スプリントを入れた時」に痛めたと言い、現状については「まだよく分からないです」と言及。斉藤光も「肩なんですが、まだ診断していないので分からないです」と話すにとどめた。

 もっとも、首位通過は中3日、3位通過は中4日という日程だったが、2位通過を決めたことでラウンド16まで中5日に決まったことはリカバリーを図るうえでポジティブな要素と捉えられるだろう。影山雅永監督は「5日間でどこまで回復させられるのか、スタッフのプロフェッショナルな能力をフルに駆使して、回復に努めさせたい」と前を向いた。

(取材・文 佐藤亜希子)