先日にメルボルン・V退団を発表したばかりの本田。その動向が注目されるなか、驚きのツイートを投下した。 (C) Getty Images

写真拡大

 日本サッカー界のカリスマが驚きの情報を提供して話題だ。5月29日、本田圭佑が自身のツイッターでつぶやいた内容が大きな反響を呼んでいる。

 今月20日に昨年7月から在籍したオーストラリアAリーグの古豪メルボルン・ビクトリーからの退団を発表していた本田。今後の去就については、「来年もプレーしたいと思っていますが、どこに行くかはわかりません。少し疲れをとってから僕自身の目標である2020年の東京五輪へ出場するために最善の選択をしたい」と話すにとどまり、その言動が大きな注目を集めていた。

 そんななか、本田は29日にツイッターを更新し、「僕が10000円払うので、僕にサッカーを教わりたい人っていますか?」と宣言したのだ。
 

 その企画の詳細は定かではないが、本田からの指導を受けるには“条件”がある。本人は次のように続けている。

「ただ条件があって本気でワールドカップを優勝したいという人に限り、そして僕が教えたい人を好きに選びます! 僕がお金を払って教えます!」

 当然、ファンも反応し、「次のワールドカップまで予定をあけました」や「どうやったら応募できますか?」、「全てを注ぎ込む覚悟があります」など、熱意に満ちたツイートが殺到している。

 現在カンボジア代表の監督兼ゼネラルマネージャーも務めている本田の新たな挑戦は、今後どのように始動していくのか? 自身の去就も含め、その動向が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部