青山ひかるが皿うどんを語る

写真拡大

 青山ひかるは長崎出身の25歳。タレント、女優、歌手として幅広く活躍する彼女が、東京都渋谷区の『中国料理 長崎飯店 渋谷店』を訪れた。青山が長崎のご当地麺「皿うどん」の魅力を語る。

【別写真】ビキニでおいしそうに食べるグラドル・青山ひかる

 * * *
 このお店は、長崎の2大ご当地麺を本場の味で楽しめるんです! 看板メニューのちゃんぽんはもちろん、皿うどんもおいしかよ。揚げた硬麺に、海鮮と野菜たっぷりの具が餡をまとって覆いかぶさり、最初は麺のザクザク感を体験できます。

 硬麺は餡を吸うとだんだん柔らかくなり、時間の経過とともに変化する食感と風味が本当にうまかばい! 故郷の懐かしい味がします。皿うどんには、必ずウスターソースをかけるのが地元流の食べ方なんですよ。

 18歳で上京し、平成時代は映像、舞台、アイドルユニット、コスプレなどジャンルにとらわれず活動しましたが、挑戦したいことはまだまだたくさんあります。令和時代はお仕事の幅をさらに広げたいですね。表現力をもっと鍛え、グラビア界も盛り上げていきたいです!

◆『中国料理 長崎飯店 渋谷店』
住所:東京都渋谷区道玄坂2-10-12
営業時間: 月〜金:11時〜14時半、17時〜22時/土:11時〜14時半
休日:日・祝

【プロフィール】
あおやま・ひかる/1993年生まれ。B95・W59・H90。『映画版 ふたりエッチ ラブ・アゲイン』で主演を務め、現在『映画版 ふたりエッチ ダブル・ラブ』が公開中。

撮影■田中智久 取材・文■上田千春

※週刊ポスト2019年6月7日号