川崎市のJRと小田急線が乗り入れる登戸駅から150メートルほどの公園近くで今朝28日(2019年5月)午前7時40分ごろ、スクールバスを待っていた児童らが刃物を持った男に次々に刺される事件が起こった。16人がけがを負い、このうち3人が心肺停止という速報が入った。現場に飛んだ取材ヘリからの映像には、路上にべっとりと赤い血が流れていた。

「犯人は両手に刺身包丁を持って襲ってきた」

情報が錯そうし、放送中にもけが人の数がころころ変わった。「心肺停止のうち2人は男性、子どもが1人」とフジテレビ報道センターが伝える。「警察は犯行に及んだ30代から40代の男を身柄確保、自分の首を刺して重傷」との情報も入った。この男が「両手に刺身包丁を持って襲ってきた」とバスの運転手から聞いたという男性の話もあった。

キャスターの伊藤利尋アナ「通学路が犯行の現場となってしまいました。バスに子どもたちが乗る直前に襲われたということですね」

周辺は駅に近い住宅街で、血痕などから凶行は路上100メートルの広い範囲にわたった模様だ。元警視庁刑事の吉川祐二さんは「通り魔的犯行。放心状態か精神的疾患も考えられる。被害者は深く刺された可能性がある」と話す。

古谷大魔王(タレント)「ひどい。こんなことが人間にできるんだ。そういう人からどう防ぐかを考えないといけない」

司会の小倉智昭「自暴自棄にならないと、こういう犯行はやらない。子どもたちは怖かったろうな」