宮代の2ゴールなどでメキシコ相手に快勝した日本 photo/Getty Images

写真拡大

U-20日本代表は現地時間26日、U-20ワールドカップのグループステージ第2節でU-20メキシコ代表と対戦した。

日本は初戦のエクアドル戦からスタメンを3名変更。DF東俊希、MF郷家友太、MF伊藤洋輝に代えて、DF鈴木冬一、MF藤本寛也、FW宮代大聖を起用し、[4-4-2]のフォーメーションで試合へ臨んだ。

開始早々にスルーパスから抜け出されピンチを迎えた日本だが、GKの若原が好セーブを披露し、なんとかしのいだ日本。すると21分に、今度はチャンスを迎える。アーリークロスのこぼれ球を拾った藤本が、ダイレクトでふわりとしたパスを相手DFの裏へ通すと、これに宮代が反応。左足でゴールネットを揺らし、見事先制点を奪ったのだ。

このまま1点リードして前半を折り返した日本は、後半も勢いが止まらず。開始早々の52分、右CKをニアサイドへ走り込んだ田川が頭で合わせ、2点差に。さらに77分、田川のパスからうまくDFの前へ入って抜け出した宮代がGKと1対1となり、この日2点目となるゴールを決め、勝利を決定づけた。

試合開催日となった26日に19歳の誕生日を迎えた宮代の先発起用の期待に応える2ゴールなどで、日本が3-0でメキシコを撃破。決勝トーナメント進出に大きく前進している。

[スコア]
日本 3-0 メキシコ

[得点者]
日本:宮代(21、77)、田川(52)
エクアドル:

[スターティングメンバー]
日本:若原、鈴木冬、小林、瀬古、菅原、藤本(→伊藤 81)、斉藤光(→中村 76)、齊藤未、山田、田川、宮代(→原 87)

参照元:YouTube