52分、日本は田川がCKからヘディングシュートを決めてリードを広げた。(C) Getty Images

写真拡大

 ポーランドで開催されているU-20ワールドカップは5月26日、グループステージ第2戦が行なわれ、日本はメキシコと対戦して3対0で勝利を収めた。

 第1戦で日本は南米王者のエクアドルと1対1の引き分け。一方のメキシコは初戦でイタリアに1対2と敗れており、勝利が欲しい一戦となった。

 試合は、開始早々のピンチをGK若原智哉の好守で凌いだ日本が、立ち上がりから積極的なプレスで押し込む。そして21分、日本はパスカットに入った藤本がワンタッチで前線へ浮き球のパスを供給。これに反応した宮代大聖が左足でゴール右にうまく流し込んで、日本が先制に成功した。

 日本はディフェンス面でも健闘し、相手エースのディエゴ・ライネスを封殺。左SBの鈴木冬一やセンターバックの瀬古歩夢らがタイトな守備で隙を与えない。日本は35分、右からのクロスを田川亨介がヘディングシュート。豪快にネットを揺らしたが、これは惜しくもオフサイドの判定でノーゴールとなった。

 前半を1点リードで折り返した日本は、後半もアグレッシブな戦いを貫く。52分にはその積極性が実る。CKを得た日本は、藤本のクロスに田川がニアサイドで頭で合わせると、ファーサイドに上手く流したシュートはポストに当たって、そのままゴールに吸い込まれた。日本が貴重な追加点をゲットする。

 その後も日本は攻守に果敢なパフォーマンスを見せると、76分には3点目をゲット。田川からのスルーパスに抜け出した宮代が右足で叩き込み、ネットを揺らす。宮代の2点目で、日本が3対0とリードを広げた。

 結局、試合は3対0でタイムアップ。日本は、宮代が2発、田川が1得点・1アシストと2トップの爆発によってメキシコを下し、1勝1分けとして勝点を4に伸ばした。一方、メキシコは2連敗となっている。日本は5月29日のグループステージ最終戦でイタリアと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部