北海道 佐呂間で9時前に35.2℃を観測 今年の全国最高気温を更新

2019/05/26 08:58 ウェザーニュース

今日5月26日(日)の北海道は、南からの暖かい空気が流れ込んでいることや、地形と風の影響によるフェーン現象も加わって気温が高くなっています。道東の佐呂間町にあるアメダス佐呂間観測所では、8時40分すぎに気温が35℃を超えて、猛暑日となりました。全国の今年最高の気温を更新しました。北海道で5月に猛暑日となるのは、史上初めてです。

37℃が予想される地点も

昼間は気温がさらに高くなるところが多く、道東の内陸を中心に最高気温が35℃以上の猛暑日となるところが増える予想です。予想最高気温の高いところでは、北見で37℃、帯広で36℃まで上がる予想です。北見では今朝の最低気温が11.8℃だったため、朝と昼の気温差は25℃程度になる予想です。暑さに慣れない時期のため、熱中症に注意・警戒してください。運動会が開催されるところも多いですが、屋外で長時間過ごす場合は特に警戒が必要です。また駐車中の車内なども非常に危険です。こまめな水分・塩分補給、運動や屋外作業の際は休憩をしっかりとるなど、熱中症への対策を心がけてください。