キリンチャレンジカップ(トリニダード・トバゴ戦、エルサルバドル戦)とコパ・アメリカを戦う日本代表のメンバーが発表された。両者はほぼ、別部隊になった。

 重なる選手は、川島永嗣(ストラスブール)、大迫敬介(サンフレッチェ広島)、植田直通(セルクル・ブルージュ)、冨安健洋(シント・トロイデン)、中山雄太(ズウォレ)、柴崎岳(ヘタフェ)、中島翔哉(アル・ドゥハイル)、久保建英(FC東京)、岡崎慎司(レスター)の9人。コパ・アメリカで多くを占めるのは、U−22を中心とするアンダーカテゴリーの選手になる。

 日本サッカー協会は今回のコパ・アメリカで、選手を拘束する力がない。所属クラブが「ノー」と言えば、それに従うまでだ。連続して参加することになった上記の9人と、コパ・アメリカのみに出場する板倉滉(フローニンゲン)と伊藤達哉(ハンブルガーSV)の海外組2人は、その縛りが弱かった選手と言うべきだろう。

 久保が所属するFC東京は、現在Jリーグで首位を走り、久保もチームの成績に直結する活躍を見せている。FC東京はコパ・アメリカ期間中に3〜4試合を消化するので、久保をコパ・アメリカへ行かせたくないというのが本音だろう。森保一監督が久保に強烈なラブコールを送り、FC東京がそれに屈した、あるいは応えた格好だ。


24日、コパ・アメリカの代表メンバーを発表する森保一日本代表監督

 3月下旬に行なわれた前回の代表戦(コロンビア戦、ボリビア戦)の時にはなかったムードである。久保の評判はこの2カ月弱の間に沸騰。日本サッカー界の様相はたちどころに一変した。しかし、17歳の久保を2つの大会に連続して参加させることは、何か急ぎすぎている気がしてならない。どちらかひとつでいい気がする。

 久保の技量がこの先どこまで伸びるか定かではないが、現時点でイメージされる将来性は、日本サッカー史上最高と断言したくなる期待の星だ。客寄せパンダにすることなく、大人たちにはじっくり大切に育てる義務が課せられている。久保を無用に消費してはならない。

 久保の知名度は、まだ世界的に低い。Jリーグでプレーしている間は、知る人ぞ知る17歳の域にとどまるが、代表デビューを飾れば、知名度は急上昇するだろう。コパ・アメリカに出場し、そこで活躍しようものなら世界のマーケットが放っておかない。FC東京が久保のコパ・アメリカ行きを認めた背景が、高値で売りさばくためだったとしても不思議はない。海外なら普通にある話だ。

 森保監督は久保を選出する一方で、ベテランの岡崎を復帰させた。驚かされたのは、むしろこちらの件になる。

 レスターを退団。どこからも縛りのかかっていない選手なので、招集しやすいことは確かだ。ところが今季、所属のレスターで出場した時間はわずか271分。そのうえ得点0に終わった33歳を、森保監督はキリン杯、コパ・アメリカ両方の代表チームに招集した。道理から外れた人選とはこのことだ。代表から半分引退したも同然の選手をメンバーに加えれば、試合の価値は下がる。真剣味に乏しいエキシビション的な試合になる。

 川島についても同じことが言える。こちらも代表チームには2018年ロシアW杯以降、一度も招集されていない36歳だ。所属のストラスブールでも現在まで出番は1試合もなし。招集される条件を満たしていない選手に思える。

 長友佑都、槙野智章の32歳コンビも、前回(コロンビア戦、ボリビア戦)外れたので、てっきりアジアカップが代表での最後のプレーかと思われたが、今回、キリン杯にのみ呼ばれている。

 そして、香川真司も外れておかしくない選手になる。移籍したベシクタシュでスタメンを飾ったのはわずか4試合。途中交代は10試合あるものの、出場時間は計549分に過ぎない。30歳という年齢と現在の活躍度を考えると、代表入りは本来、微妙な線になる。

“旬”にはほど遠い選手、代表チームを卒業してもいい選手が、卒業できずにいるこの状態は、けっして健康的とは言えない。代表戦を経験させるべき選手は他にもいるはずだ。

 招集したかった選手は別にいたが、所属クラブを説得できず、やむなくこうなったというのなら、率直にそう言えばいい。この時代、具体的な話を包み隠さずした方が、共感は得られやすい。川島と岡崎が代表復帰し、コパ・アメリカにも続けて出場する現実を、「ハイ、そうですか」と素直に納得することはできないのだ。

 スペインリーグ5位。柴崎岳が所属するヘタフェは、来季のチャンピオンズリーグ出場こそ逃したが、日本人の欧州組がプレーするクラブの中では最も高いレベルにある。とはいえ、柴崎はそこで今季、交代出場を含め7試合(390分)しか出場できなかった。来季ヘタフェに残れるか、微妙なところだ。

 だが、森保監督は、クラブではパッとしないそんな彼を代表監督に就任後、使い続けている。今回もキリン杯とコパ・アメリカの両大会に出場する。それをヘタフェが許諾するということは、クラブの彼への評価は低いと捉えるのが自然だ。森保監督の評価とは異なっている。森保監督の好みが鮮明になる事例と言ってもいい。

 柴崎を中盤のリーダーに指名しているわけだが、そこまで頼りになる選手には見えない。悪い選手ではないが、鹿島アントラーズ時代、レアル・マドリードと争ったクラブW杯決勝で、2ゴールを決めた2016年の頃の方が、断然、けれん味のない好プレーを見せていた。今は”旬”から外れている。森保監督は、チームの軸を早々に決めすぎているような気がしてならない。

 タイプは異なるが、Jリーグで見る側を唸らせるプレーを多く披露するのは大島僚太(川崎フロンターレ)だ。しばらくケガがちで、コンスタントに出場するようになってそれほど時間は経過していないが、中盤の選手としてピカイチの技量を持つこの選手を代表チームに呼ばない手はない。

 だが、森保監督は就任後、大島を一度は招集したものの、ケガで辞退して以来呼んでいない。その一方で、川崎では大島よりプライオリティが低そうな守田英正を繰り返し呼んでいる。森保監督の好む傾向をそこに見る気がする。

 とはいえ、いまは時期的にいろいろな選手を試す仕込みの時期である。選択肢を増やすことが2年後、3年後に反映されることになる。アジアカップのようにスタメンを固めた戦いを続けると幸は訪れにくい。少なくとも、招集した選手は可能な限り多くの時間、試してほしいものである。思わぬ発見は、その路線の延長上に待っていると信じたい。