相手にゲームを支配され、どうなることかと不安ばかりを覚えた前半から一転、後半はかなり持ち直した。

 前半に先制されながら、後半なかばに追いつき、さらに攻勢の時間を作っていたことを考えれば、逆転したかった試合ではある。だが、追いつく前に2点目、3点目を許していた可能性も十分にあり、それを思えば、負けなくてよかった試合だとも言える。

 最終ラインで踏ん張ったDF菅原由勢が、「難しい試合で勝ち点1を取れたことは前向きに捉えている」と話していたが、この内容で勝ち点1なら、納得すべき試合だろう。

 U−20ワールドカップのグループリーグ初戦。日本はエクアドルと対戦し、1−1で引き分けた。


エクアドルの攻撃を何とか1点に抑え、勝ち点1を得たU−20日本代表

 試合序盤は、日本の高い位置からの積極的な守備が、エクアドルの攻撃をうまく抑えていた。試合の入り方としては悪くなかった。

 しかし、エクアドルが日本の出方を冷静に見極めながら、前線からの守備をいなすようにボールを回し始めると、日本はたちまち押し込まれた。ボールの奪いどころが定められなくなり、ようやくボールを奪っても落ち着いてパスをつなぐことができず、前線へ大きく蹴り出すばかり。すぐにボールは相手に回収され、守る時間ばかりを長くした。

「後ろ(DF)の4人が体を張って守ってくれたが、あれだけボールを支配されれば、事故は起きる」

 キャプテンのMF齊藤未月がそう話したように、日本は劣勢の時間が続いていた45分、自陣で与えたFKからのオウンゴール(GK若原智哉がパンチングしたボールが、FW田川亨介の顔に当たってゴールイン)で、エクアドルに先制を許した。

 U−20日本代表を率いる影山雅永監督が語る。

「(事前の分析で)エクアドルがいいチームだと強調し過ぎたことが、前半のようなパフォーマンスになったと反省している。チーム全体としてナーバスになり、普段やっていることを放棄するような前半になった」

 南米予選を1位で勝ち上がってきた、エクアドルは強かった。齊藤未が「20番はスペシャリティがあった」と認めたFWゴンザロ・プラタに、スピードあるドリブルで何度も突破を許すなど、選手個々の能力が高かった。

 しかし、「ブラジルとも対戦したことがあるが、それに比べると、戦い方が組織立っていなかった」と齊藤未。菅原もまた、「南米のチームにしては、思ったよりやりにくさはなかった」と振り返る。

 にもかかわらず、「(チーム全体として)ビビって、ボールを受けられなかった」(齊藤未)。その結果、「ロングボールが多くなって、自分たちのサッカーができず、間延びしてしまった」(菅原)。

 後半に入ると、交代投入されたFW宮代大聖が、うまく相手のDFとMFの間でボールを受けることで、確かに前半にはなかった攻撃の厚みが生まれてはいた。影山監督が「後半は、しっかり(パスコースに)顔を出してボールを運び、相手のプレスを外してゴールに迫ることができた」と話すとおりである。

 しかしながら、MF山田康太の同点ゴールも含め、日本の決定機は、そのほとんどが最終的には相手DFとGKのミス、それもかなりイージーなミスに助けられたものだ。エクアドルのホルヘ・チェリコ監督も、「犯した間違いは取り返せない。選手はよく戦ったと思うが、期待した結果ではなかった」と話している。

 もちろん、DFラインの背後へのボールの処理に難があると見抜き、そこを徹底して突いた、という見方はできるだろう。だが、本当の意味で、日本がどれだけ相手の守備を崩してチャンスを作っていたかと言えば、少なからず疑いが残る。

 後半のようなプレーを前半からできれば、という見方にしても、エクアドルの側に立てば、圧倒的にゲームを支配した前半のうちに1点を先制したことで、後半は油断が生まれた、という面はあるだろう。しかも、後半開始早々に(GK若原に防がれたが)PKまで得ているのである。ラテン系のチームゆえ、いつでも追加点が取れるという緩んだ雰囲気になってもおかしくない。もし、日本がはじめから後半のようなプレーをしていたら、エクアドルもまた、違う反応があったはずだ。

 やはり、この試合内容で勝ち点1は、納得すべき結果。それどころか、喜ぶべき結果と言ったほうがいいのかもしれない。

 とはいえ、影山監督が「初戦で相手に勝ち点3を渡し、自分たちがゼロで終わることは避けたかった」と語ったように、グループリーグ全体の戦いを考えれば、貴重な勝ち点1である。

 こうした大舞台の初戦で若い選手がナーバスになり、思ったようなプレーができないのは、ある意味で当たり前のこと。そのなかで敗れてしまえば、次戦以降、さらなるプレッシャーに襲われる、負の連鎖に陥りかねなかった。そんな大事な初戦で、内容が悪いなりにも勝ち点1を確保できたのだから、グループリーグ突破へ向け、まずまずのスタートである。グループリーグ第2戦のメキシコ戦では、もっと落ち着いて試合を進められるはずだ。

 ただ、次戦以降へ向け、少々気になったのは、選手ごとの出来不出来の差がかなり大きかったことである。

 世界大会ゆえの緊張の有無によるものなのか。あるいは、日常的な試合勘の違いが影響しているのか。その理由はわからない。だが、こうした短期決戦を勝ち上がるうえでは、戦力として計算できる選手を素早く、かつ的確に見極めることが、非常に重要になる。

 調子が悪い選手でも、我慢して使い続けることでラッキーボーイに化ける可能性はもちろんあるが、ときに非情な決断も必要だ。中2日で迎えるメキシコ戦で、影山監督はどんな選手起用を見せるのか。注目したいポイントである。