ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 今週は、いよいよ「競馬の祭典」と言われる日本ダービー(5月26日/東京・芝2400m)です。

 毎年、7000頭以上生産されるサラブレッドの頂点を決める大一番。今や、国内GIも増えて、海外GIに遠征するのも当たり前という時代になりましたが、それでもやはり、騎手、調教師、生産者、馬主、そして厩舎スタッフも含めた、すべてのホースマンの”夢”と言えるレースです。

 まさに出走するだけでも大変なダービー。当日は他のGI、たとえば有馬記念やジャパンカップといったビッグレースでも感じられない、独特の雰囲気に包まれます。何か「いよいよ今日、今年のダービー馬が決まるな……」ということをみんなが意識していて、その可能性がある有力馬の関係者はより緊張した空気を醸し出し、その緊張感が周囲にも伝わっていく――そんな重々しいムードとなります。

 そのため、キャリアの浅い若手騎手などは、その雰囲気にのまれてしまって「自分の競馬がまったくできなかった」ということは、毎年のようにあります。

 よく知られた例を挙げれば、1998年にキングヘイローの手綱を取った福永祐一騎手。ダービー初騎乗で2番人気の鞍上を務め、当然”勝ち負け”を意識したでしょうから、相当舞い上がっていたと思います。

 馬はとても敏感な生き物で、そうした跨(またが)る者の緊張感なども感じ取ります。つまり、ヤネ(乗り役)が過度の重圧を感じていると、それが馬に伝わり、自分の競馬ができなくなってしまう場合もあります。結果、キングヘイローは14着と惨敗を喫しました。

 その福永騎手も昨年、ワグネリアンでついにダービー制覇。過去の雪辱もようやく果たせたのではないでしょうか。

 要するに、日本ダービーという舞台では、その独特の雰囲気にのまれないほど、何度も悔しい経験をしている場数を踏んだベテランか、すでにダービーを勝っていて気持ちに余裕がある者か、そういうジョッキーであれば、異様なムードにものまれず、普段どおりのレースができるのだと思います。

 そんなジョッキーの精神面の差が勝負を分けた一戦と言えば、最近では2013年と2014年のダービーでしょうか。2013年は、それまでにダービー4勝を挙げていた武豊騎手騎乗のキズナが、ダービー未勝利の福永騎手騎乗のエピファネイアをゴール前で差し切り勝ち。2014年は、2009年にロジユニヴァースでダービーを勝っている横山典弘騎手騎乗のワンアンドオンリーが、ダービー未勝利の蛯名正義騎手騎乗のイスラボニータとの競り合いを制しました。

 さて今年は、有力馬に騎乗予定だったダービージョッキーのクリストフ・ルメール騎手と横山典騎手が、騎乗停止処分を受けて急きょ乗り替わり。何か波乱が起こりそうな雰囲気を感じてしまいます。

 ふたりのダービージョッキーがいなくなって、残るダービージョッキーは、5勝している武豊騎手、2勝のミルコ・デムーロ騎手、さらに池添謙一騎手と川田将雅騎手、そして福永騎手の5人。やはり彼らには、ダービーを勝っていないジョッキーよりも、アドバンテージがあるでしょう。

 そのダービージョッキーが手綱を取る馬の中で、最有力候補を挙げれば、皐月賞2着のヴェロックスでしょうか。鞍上は、3年前にマカヒキで優勝を経験している川田騎手。今年は、先週までで64勝を挙げて全国リーディングのトップを快走しています。ジョッキーとしても充実期を迎えている今、今年のダービーを勝つにふさわしいジョッキーのひとりでしょう。

 肝心のヴェロックスも、オープン特別の若駒S(1月19日/京都・芝2000m)、若葉S(3月16日/阪神・芝2000m)と”王道”を歩んでこなかったものの、牡馬クラシック第1弾のGI皐月賞(4月14日/中山・芝2000m)では、断然人気のサートゥルナーリアを脅かす走りを見せてくれました。能力的にGI級であることは、その走りで証明されたと言ってもいいでしょう。

 そうなると、ハードな”王道路線”を歩んでこなかった分、逆にオツリが残っているでしょうから、ダービーでは皐月賞の時よりもさらに状態を上げてきそうです。最有力の1頭と見ていいでしょうね。

 無論、皐月賞馬のサートゥルナーリアも、今年初戦が皐月賞でしたから、状態のアップは十分に臨めます。ただ、唯一の懸念が鞍上の乗り替わり。

 ルメール騎手の代役を務めるのは、ダミアン・レーン騎手。まだ25歳と若いのですが、自国のオーストラリアではGIを何勝もしているトップジョッキーです。実際、日本に来てからも早速GI制覇を遂げて、その技術の高さは疑いようがありません。

 しかし、冒頭で触れたとおり、日本ダービーというレースは特別。その独特の雰囲気にのまれないか、少なからず不安があります。第一、圧倒的1番人気が予想される馬に騎乗するわけですからね、周囲からのプレッシャーも相当あると思います。

 もちろんレーン騎手は、そんなプレッシャーをも跳ね除けられるジョッキーかもしれません。また、ジョッキーなど関係なく、サートゥルナーリアは誰が乗っても勝てるような器の持ち主かもしれません。断言はできませんが、それほどの器の可能性はあるでしょうね。

 乗り替わりと言えば、前哨戦のGII青葉賞(4月27日/東京・芝2400m)を制したリオンリオン。今回、騎乗予定だった横山典騎手の代役は、ご子息の横山武史騎手が務めることになりましたね。

 デビュー3年目の20歳。まだ減量ジョッキー(見習騎手)ゆえ、大抜擢ではあるのですが、ここのところの活躍は目覚しく、先週までのリーディング争いでは関東で6位という成績を残しています。ローカル競馬が主体とはいえ、小倉に続き、先日の新潟でもリーディングを獲得と、今一番伸び盛りのジョッキーと言えるでしょう。その勢いには注目しています。

 ところで、今年の日本ダービーの「ヒモ穴馬」ですが、昨年悲願のダービージョッキーの仲間入りを果たした福永騎手が手綱を取る、ランフォザローゼスを取り上げたいと思います。


ダービーで上位争いが期待されるランフォザローゼス

 やはり、まずダービージョッキーが騎乗、というのは大きなアドバンテージ。そして、大舞台でも十分に戦えそうな馬でもあります。

 GIII京成杯(1月14日/中山・芝2000m)2着のあと、皐月賞には目もくれずに青葉賞(2着)に直行したのは、いかにもダービーを意識してのこと。中山コースで2回続けて惜敗を喫したため、おそらく陣営としては、皐月賞にこだわるよりもダービー一本に目標を絞ったほうがいい、という結論に達したのでしょう。 ここまで無理をしていない分、青葉賞からの上積みもあるでしょうし、馬券圏内(3着以内)に飛び込んでくる可能性は大いにあると思います。