GK若原智哉(京都)が殊勲のPKストップ

写真拡大

[5.23 U-20W杯グループB第1節 U-20日本代表 1-1 U-20エクアドル代表]

 U-20日本代表GK若原智哉(京都)のPKストップが試合の流れを変えた。前半終了間際にオウンゴールで失点すると、後半5分にCKの流れからMF郷家友太(神戸)がハンドの判定を受け、PKを献上。絶体絶命の場面だったが、キッカーのMFジョルダン・レサバラのシュートコースを冷静に読んだ若原が左に横っ飛びで弾き返し、窮地を救った。

「キッカーが立った時に『こっちやろうな』というのが分かって、自信があって、飛んだ方にきてくれてよかった。キッカーの立ち位置的に『ひねってこっちかな』というのはイメージしていて、思った通りだった」

 初の世界大会は先発を知った2日前から緊張でいっぱいだったが、得意のPKの場面とあって、冷静だった。「止めたらヒーローやろなという気持ちでやっていました」。同世代のGK大迫敬介(広島)やGK谷晃生(G大阪)に正守護神の座を明け渡してきたが、ライバルを上回る強みだったのはPKストップ率の高さ。初戦前には「シュートストップを見てほしい」とも話していた。

 南米王者に攻め込まれる展開が続いたが、このスーパーセーブが流れを変えた。主将のMF齊藤未月(湘南)は「個人的にもチームとしても、あそこは智哉が止めてくれるんじゃないかという雰囲気はあった」とハイライトを振り返った。同点ゴールを決めた山田康太(横浜FM)はこう言う。

「あそこで0-2になったら、メンタル的にも現実的にも難しかったと思う。本当にいいセーブをしてくれて、みんなの士気もぐっと上がった。それがパワーになって前にいく推進力だったり、まだいけるんじゃないかと思わせてくれたので、智哉には感謝しかないですね」

 影山雅永監督は「彼自身も本当に集中して、駆け引きしてくれたと思います」と守護神を称えた。MF伊藤洋輝(名古屋)は自身のミスからCKにつながったことを悔やみつつ、「自分は救われた。これから自分が借りを返せるように次のゲームに向けて準備したい」と恩返しを誓った。

(取材・文 佐藤亜希子)