日本代表、コパ・アメリカに招集すべき未知の3名

写真拡大 (全4枚)

コパ・アメリカに臨む日本代表メンバーの23名が本日の午後、いよいよ発表される。

この大会の陣容に関しては長く不透明な状態にあったが、最近は東京五輪世代で臨むことがほぼ既定路線とされており、そこに何人かのA代表が入るのではないかと伝えられる。

五輪本番ではOA枠が3枠あるだけに、それも意識した人選となるだろうか。そこで今回は、コパ・アメリカに招集されると面白いかもしれない23歳以上の3選手をお届けしよう。

奥川 雅也(キール)

過去の五輪を見ても、“前の大会で一番下の世代”だった選手が次の大会のOA枠に選ばれることは珍しくない。1996年生まれでリオ五輪を逃した奥川のような選手だ。

かつてあのリヴァプールが獲得に乗り出し、J2に5試合出場しただけで欧州へ渡った「古都のネイマール」は、レッドブルでこそ出番を得られなかったものの今季ドイツ2部のキールで5ゴールを記録した。

もともとドリブルの多彩さとスピードは出色していたが、やや線が細くフィニッシュに課題があった。その点で大きな進歩を見せており、今やA代表への招集にも値する。

また、キールでは既に退団セレモニーを行っており新天地も決まっていない。この大会で活躍し、より良い移籍先が見つかれば…。

西村 拓真(CSKAモスクワ)

奥川と同じく1996年生まれのこの男も、OA枠にはうってつけだろう。

高校時代は無名に近い存在だったが、昨年、仙台でゴールラッシュすると夏にロシアの名門CSKAモスクワへ電撃移籍。馴染むのには時間を要しているが、3月以降に2ゴールを記録している。

仙台の渡邉晋監督から「天才的ではなく雑草魂のような選手」と評されており、一見すると寡黙だが得点への意欲と秘めたる闘争心はかなりのもの。

ユース代表には上手い選手が揃っているだけに、南米相手には彼のような選手が大きな力となるかもしれない。

豊川 雄太(オイペン)

Jリーグはコパ・アメリカ開催中も中断されないだけに、やはりこちらも海外から。

リオ五輪には選ばれなかったものの、予選のイラン戦で貴重なゴールを記録した豊川。

国内ではJ2でしか結果を残せなかったが、昨年1月にオイペン(ベルギー)へ加入すると、リーグ最終節にチームを降格の危機から救うハットトリックを記録し、一夜にして英雄となった。

その抜け目の無さは日本人離れしたところがあり、今季もクロード・マケレレ監督のもと1トップを任され28試合7ゴールとそれなりの結果を残している。

【関連記事】今でも鳥肌、歴史を作った豊川の衝撃ハットトリックがこれ(動画あり)

タイプ的は招集が有力視される上田綺世とやや被るかもしれないが、一度、日本代表のユニフォームで見てみたい選手だ。