3歳馬の頂点を決める第86回GI日本ダービー(東京・芝2400m)が5月26日に行なわれる。

 中心視されているのは、牡馬クラシック第1弾のGI皐月賞(4月14日/中山・芝2000m)を制したサートゥルナーリア。年末のGIホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)以来という異例のローテーションで勝利を収め、ひと叩きされた今回は断然の人気を集めると見られている。

 ダービーにおける1番人気の成績を振り返ると、過去10年では3勝、2着1回、3着3回、着外3回と、全幅の信頼を置くまでには至らない。しかし、グレード制が導入された1984年以降の、無敗の皐月賞馬の結果だけに絞ってみると、過去に4頭(シンボリルドルフ、トウカイテイオー、ミホノブルボン、ディープインパクト)出走して、いずれも勝利を飾っている。

 となると、サートゥルナーリアも単なる1番人気とはちょっと桁が違うのかもしれない。現に「穴党」と呼ばれるトラックマンたちも、同馬には白旗状態。日刊スポーツの松田直樹記者はこう話す。

「年明け初戦で皐月賞を勝った馬は、過去に1頭もいませんでした。正直(サートゥルナーリアが)負けるとすれば、中106日で上積みの余地を大きく残した皐月賞だと思っていましたが、そこさえ勝たれてしまいました。

 ホープフルSを勝ったあと、皐月賞の前哨戦となるGII弥生賞(3月3日/中山・芝2000m)をパスすることを決め、(大目標の)ダービーから逆算したローテーションが組まれたことで、今回は仕上げの度合いが違います。クリストフ・ルメール騎手が騎乗停止となったことで乗り替わりになりますが、1954年のゴールデンウエーブ以来となる、人馬初コンビによる優勝も不可能ではないと思えてしまいます」

 また、デイリー馬三郎の木村拓人記者も、断然人気のサートゥルナーリアに加え、それに続く皐月賞2着のヴェロックスにも一目置いて、穴の狙い方についてこんな見解を示す。

「サートゥルナーリアにとって、本質的に(2400mという)距離は長いとはいえ、絶対能力が他馬とは違って、弱点らしい弱点が見当たりません。重箱の隅をつつくなら、気合いを入れすぎたときに、これまでの兄たち(エピファネイア=ダービー2着、リオンディーズ=ダービー5着)と同様、気性難を出すことも考えられますが、それとて、それら兄や母も管理してきた角居勝彦厩舎なら、もはや織り込み済みでしょう。

 そして、ヴェロックスも立ち回りがうまく、大崩れは考え難いです。そうなると、これら2頭に勝つ馬というよりも、上位の一角崩しが期待できる穴馬を探すほうが得策でしょう。

 特に皐月賞3着のダノンキングリーは、どちらかと言えば、マイラータイプ。皐月賞では、上位馬の中で一番展開が向いていたと思いますが、それでいて勝ち切れなかったあたり、上の2頭とは差があり、危険な人気馬になるのかな、と。

 GII青葉賞(4月27日/東京・芝2400m)を勝ったリオンリオンも、内枠を引けば少しは面白いかと思いましたが、同馬は高速馬場向きのタイプではありません。今の東京の馬場を考えると、少し割引かな、というのが率直な印象です」

 そう語る木村記者が、上位2頭の”一角崩し”候補に挙げるのは、皐月賞で14番人気ながら5着に食い込んだクラージュゲリエだ。

「もともと素質のある馬で、昨年の2歳時にはGIII札幌2歳S(9月1日/札幌・芝1800m)で3着、GIII京都2歳S(11月24日/京都・芝2000m)で1着と結果を出しました。

 それが、3歳になって初戦のGIII共同通信杯(2月10日/東京・芝1800m)で、勝ち馬から5馬身離されての3着。ちょっと負けすぎで、皐月賞では大きく評価を落とすことになってしまいました。ただ、当時は馬も仕上がっていませんでした。実際、そこを1回使ったことで、皐月賞ではかなりよくなっていたと思います。

 適性で言えば、ゆとりのある走りをするタイプで、距離もコースも皐月賞より今回のほうが向くはず。勝つまではどうかと思いますが、上位に食い込めば好配当を生み出してくれるのではないでしょうか」

 木村記者はその他に、「内枠の先行馬」が狙い目だという。

「実力どおりに決まらないのが競馬。ダービーでも、立ち回りの有利、不利が毎年のように出ています。内枠を引いたサトノルークスあたりは、それによって足りない面を補えるタイプだと思います」


ダービーでの一変が期待されるサトノルークス

 一方、松田記者はそのサトノルークスを穴候補に挙げる。

「今週は栗東で取材し、5月22日、23日に行なわれた最終追い切りを見ていて、激変を思わせたのがこの馬でした。栗東のCウッドで4ハロン52秒3、ラスト11秒8。残念ながら出走を回避したダノンチェイサーなどとの3頭併せで、とにかくスムーズな加速を見せていました。

 穴の目を探るなら、別路線組しかないと思っていましたが、(サトノルークスの)この動きを見て、少し思いをあらためました。双眼鏡越しに『(2016年2着の)サトノダイヤモンドっぽいな』と感じるほど、滑らかな動き。どちらもセレクトセールで、2億円以上で落札された超高額馬。素質はいわずもがなでしょう。

 そうしてサトノルークスには、ここに来て一段階上の動きができるようになったと感じさせられました。その鞍上は、2011年の優勝馬オルフェーヴルの主戦、池添謙一騎手。追い切り後の、同騎手の感触もすこぶるよかったようです」

 未勝利勝ちから3連勝で臨んだ皐月賞では14着と大敗。しかし、「ここからの上積みこそが、ダービーでの激走のガキになる」と、松田記者は言う。

「以前、池添騎手にダービーを勝つために必要なことを聞いた際、こんな答えが返ってきたことがあります。『経験上、短期間で一気によくなる馬がダービーを獲れる』。この言葉が、サトノルークスにだぶります。先週のオークスでは、ディープインパクト産駒がワンツー決着。広く、のびのび走れるコースで、同じくディープ産駒のサトノルークスの一変があっても不思議ではありません」

 さらに、松田記者にはサトノルークス以上に期待を寄せる馬がいる。青葉賞を制したリオンリオンだ。

「レース当日に小雨が降っていた青葉賞はやや重。(良馬場との)馬場差を考えれば、2分25秒0の勝ち時計は優秀でした。

 それ以上に、個人的に高く評価しているのは、逃げ切ったレース内容です。やや重の東京・芝2400mにおいて、最初の1000mで1分を切るペースで逃げた馬が、そのまま先頭でゴールしたのは、同馬が初めて。鞍上の横山典弘騎手の手腕によるところが大きかったのでしょうが、自分の展開に持ち込めば、相当しぶといと思います」

 残念なのは、その横山典騎手が騎乗停止を受けて、ダービーでは手綱を取れなくなってしまったこと。本番では横山典騎手に代わって、息子の横山武史騎手が鞍上を務めることになったが、その点について、松田記者はどう見ているのだろうか。

「今回の乗り替わりは、人の縁を大事にする松永幹夫調教師らしい選択で好感が持てます。そして、松永幹調教師は『流れのなかで、最後までしっかり脚を使えるリオンリオン。(ここに来て)全体的に走り方、フットワークがよくなっている。また、右回りもダメじゃないけど、左回りのほうがスムーズに手前を替えられる。(ダービーで騎乗する)武史には、ハナにいってもらいたい。逃げ宣言じゃないけど、思い切って乗ってもらいたい』と言って、デビュー3年目の若武者にすべてを託しました。

 横山武騎手は、先週終了した春の新潟開催でリーディングを獲得。大舞台の重圧を、若さと勢いで乗り越えてもらいたいですね」 競馬界最高峰の舞台となる日本ダービー。「令和」最初のチャンピオンとなるのは、どの馬なのか。皐月賞馬のサートゥルナーリア、同2着のヴェロックスの壁は厚そうだが、”2強”の一角崩しを果たす馬がここに挙げた中にいてもおかしくない。