神戸市の連続児童殺傷事件から22年 父は「悲しみは消えることない」

ざっくり言うと

  • 1997年に起きた兵庫県神戸市の連続児童殺傷事件から、24日で丸22年となった
  • 殺害された児童の父親は、「悲しみは消えることはない」と現在の心境を吐露
  • 加害男性からは反省や更生の状況が伝えられず、音信不通となっているそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング