東京五輪を目指す若きフットボーラーたち(6)
サンフレッチェ広島・松本泰志@前編

 昌平(しょうへい)高時代からドリブル突破や得点力など攻撃力に秀でていたが、プロ入り後にボランチにコンバートされ、プレーの幅を大きく広げた松本泰志。憧れの選手でもある、元サンフレッチェ広島の森粼和幸という偉大な先輩から多くを吸収し、ボールを回収する力も向上している。Jリーグでの出場機会を大きく増やしている「紫のプレーメーカー」の今に迫った。

「東京五輪を目指す若きフットボーラーたち」(1)から読む>>>


MF松本泰志(まつもと・たいし)1998年8月22日、埼玉県生まれ。昌平高出身

―― 過去2年間でリーグ戦は3試合にしか出ていなかったのに、今シーズンは開幕から試合に出続けています。この状況は今オフ、想像できました?

松本泰志(以下:松本) 「今年こそスタメンになるぞ」と思っていましたけど、「ここまで出られるとは」というのが正直な気持ちです。運がいい面もあるんですけど、結果もついてきているので、すごく自信になっていますね。

―― 試合を重ねるごとに成果と課題の両方を得られ、充実しているんじゃないですか。

松本 試合を追うごとに周りとの関わりも増えて、自分でもプレーの幅が広がってきているのを感じます。守備に関しても、後ろに指示してもらうだけでなく、自分で考えてやれるようになってきましたし。1試合、1試合、成長を感じられています。

―― 「スタメンを奪うぞ」と意気込んだ今オフ、何か特別なことに取り組みましたか?

松本 それが、とくにないんですよね。友だちと遊んだり、母校(昌平高)の初蹴りに顔を出したり……。自分を追い込むとかそういうことはせず、リラックスするというか、気持ちをリフレッシュして今シーズンに臨みました。

―― ここまでで、納得のいくプレーができたと感じられる試合はどれでしょう?

松本 どれだろう……(3月9日の第3節)セレッソ(大阪)戦は、耐える時間が長かったんですけど、相手のパスの出どころに対して、僕と(川辺)駿くんが後半になっても(強度が)衰えることなくプレスをかけることができたので、そんなにピンチを招かなかった。僕らの守備が効いていたんじゃないか、と感じられるゲームだったので、手応えがありましたね。

―― 守備で手応えを感じられた試合を挙げるというのは、ちょっと前の松本選手では、考えられないことでは?

松本 そういえば、そうですね。ありえない(笑)。

―― 守備においても、楽しさを見出だせるようになった?

松本 そうですね。以前はただ単にボールを奪いにいって、「取れたらいいな」くらいの感じだったんですけど。今はわざとコースを空けて、そこにパスを出させて取るとか、考えながら駆け引きできるようになってきたので、そういうのが楽しいし、自分でも守備で利く選手になってきたかなと感じています。

―― コースをわざと空けて、そこにパスを出させて取るのは、先輩である森粼和幸さん(昨シーズン限りで現役を引退)が得意としていたプレーですね。

松本 そうです。最高のお手本が身近にいたので参考にしてきたし、守備に関しては本当にたくさん聞きに行きました。カズさんのアドバイスが今の自分の成長につながっていると思います。

―― 以前、遠藤保仁選手(ガンバ大阪)や中村憲剛選手(川崎フロンターレ)は、相手選手全員と駆け引きしている、というようなことを話していました。目指すべきはそこ?

松本 究極は、そこですよね。ボランチを極めるなら、そのレベルになりたいです。もちろん、今はまだそんなレベルではないし、もっともっと試合経験を積む必要がありますけど、最終的にはそうやって、全員と駆け引きして、全員を操れるような選手になりたいと思います。

―― 昨シーズン、森粼さんはコンディションを崩して苦しんでいたけれど、最後に調子を取り戻し、最終節の北海道コンサドーレ札幌戦で先発した。最後のパフォーマンスは、どう感じました?

松本 あの試合を最後に引退が決まっていたので、いろいろ吸収してやろうと思ってじっくり見ました。やっぱりカズさんがいるだけで、展開が行ったり来たりしないで、ゲームが落ち着くというか。ゲームコントロールの能力がずば抜けているなと感じましたね。ゴールもカズさんが奪ったところから攻撃が始まりましたし、僕が目指すボランチの最終形態だな、と。

―― 森粼さんとは、今年に入ってもじっくり話す機会はあるんですか?

松本 あります。何戦だったかな。試合後に話をする機会があって、「守備でうまく緩急をつけられるようになったな」という褒め言葉をいただいて。課題についても、「チームが攻め急いでいたり、両チームが行ったり来たりしているときに、ゲームを落ち着かせるのがお前の役目だから、みんなをコントロールすることにもチャレンジしたら、プレーの幅がさらに広がるんじゃない?」っていう言葉をもらいました。

―― 第7節のヴィッセル神戸戦をはじめ、1試合の走行距離が13km以上を記録する試合がたくさんあります。その数字を出せるくらい、運動量や体力がアップしてきたのではないかと思います。

松本 今、チームは3バックで戦っているので、そのうちの誰かが攻撃参加した時、カバーしないとやられてしまうので、カバーの意識は徹底しています。でも、本当に走れるようになったのは去年から。ただ、「13kmも走ったのか」って自分でも驚きます。チームを助けようと思ってプレーしているだけなので。試合が終わったあと、「今日は走ったな」って思う日ほど、あまり走ってないです。「今日はあまり走れなかったな」と感じるときほど、走行距離が長かったりするんですよ。

―― どうしてでしょう?

松本 わからないです。でも、今日はあまり走れなかったなって思う時は、無心でカバーに走ったり、いろんなところに顔を出しているからかもしれないですね。

―― 城福浩監督からは、どんなことをよく言われますか?

松本 攻撃面では、去年から「常に前を見ろ」と言われているんですけど、「攻撃に関して、お前ができるのはわかっている」とも言ってもらっていて。だから、カバーリングの意識とか守備面について言われることが多いですね。でも、その部分で「すごく成長している」と褒めてもらえているので、だから起用してもらえているんだと思います。

―― ボランチとしてコンビを組む川辺駿選手との関係性は?

松本 僕より駿くんのほうが攻撃力があるので、話し合って、駿くんがより攻撃に関わって、僕が後ろでバランスを取るようにしています。駿くんがプレーしやすいような環境を、僕が後ろで作れたらなと思っています。

―― たしかに守備意識は高いし、バランスも取れるようになってきた。川辺選手との関係性もわかります。でも、松本選手が本来持つ攻撃面での魅力をもっと見たい、とも感じます。ドリブルで持ち運んだり、鋭い縦パスを入れたり、もっと欲を出していいのでは?

松本 それは、自分でも感じます。ドリブルで相手をかわすことは高校時代に武器だったので、機を見て、ドリブルで持ち運んで決定的なパスを出す場面を増やしたいと思います。

―― 最初に「運がいい面もあった」と。おそらくそれは、ボランチに負傷者が相次いだことを指していたと思いますが、稲垣翔選手が戻ってきて、青山敏弘選手も復帰に向けて着々と調整しています。本当の勝負が始まりますね。

松本 それは、もちろん。でも、試合で結果を出し続ければ、メンバーが代わることはないと思いますし、自分のパフォーマンスがよければ代わることもないと思うので。常に勝利を求めながら、個人のパフォーマンスを上げていって、駿くんとの関係性を磨いていきたいと思っています。

―― コンスタントに試合に出るようになったからこそ、感じられることは?

松本 やっぱり成長の速度が違う。去年はベンチやスタンドから観るだけでしたから。練習で感じる課題と試合で感じる課題は違うし、試合で感じたことを練習で取り組めるのは大きいです。それに、ピッチ内でみんながどんなことを話し合っているのかもわからなかった。だから、今年は成長の速度がこれまでとは全然違います。

―― 昨シーズンの終盤、チームが勝てなくなった時期にも、結局、試合には絡めなかった。どう感じていました? なぜ俺を出してくれないのか? それとも、今の自分では仕方ない?

松本 両方ですね。チームが負けているんだからチャンスをくれよ、と思っていました。使ってもらえなかったのですごく悔しかったけど、自分に足りないものがあるからだろうなとか、やっぱり守備面で信頼されていないのかなって。

―― 昨年9月26日に行なわれた天皇杯ラウンド16の鹿島アントラーズ戦では、スタメンで起用されました。あの試合でチームとして結果を残せていれば、流れも変わったかもしれません。

松本 そうですね。あそこで結果が出せていれば、連敗中にメンバー変更があったかもしれない。あの試合でいいパフォーマンスができず、監督にリーグ戦でも使ってみようと思わせられなかった自分が悪かったな、と思います。

―― 対面にはレオ・シルバ選手がいました。マッチアップしてどんなことを感じられました?

松本 レオ・シルバは威圧感がすごいんです。プレスに来ていないのに、来ているように感じるんですよ。そう感じさせられたのは、今のところレオ・シルバだけです。トップクラスの選手は、そうした”圧”も備えているんだっていうことを知りました。いい経験でした。

(後編に続く)

【profile】
松本泰志(まつもと・たいし)
1998年8月22日生まれ、埼玉県東松山市出身。昌平高時代は1年時に高校選手権、3年時に高校総体に出場する。2017年、サンフレッチェ広島に入団。同年11月、U−20日本代表メンバーに選ばれる。ポジション=MF。180cm、69kg。