“競馬の祭典”GI日本ダービー(東京・芝2400m)が5月26日に行なわれる。

 1〜3番人気が過去10年で8勝と、比較的”人気どころ”での決着が多いレースだが、独特の緊張感が張り詰める舞台とあって、時に波乱や番狂わせも起こっている。

 たとえば、昨年は5番人気のワグネリアンが優勝。以下、2着に4番人気のエポカドーロ、3着に16番人気のコズミックフォースが入って、3連単は285万6300円という超高配当をつけた。

 その他、5番人気のリーチザクラウンが2着、8番人気のアントニオバローズが3着となった2009年や、7番人気の伏兵エイシンフラッシュが勝利した2010年も、3連単はそれぞれ20万円超え、15万円超えの高配当を記録。また、10番人気のウインバリアシオンが2着(2011年)、12番人気のマイネルフロストが3着(2014年)に奮闘するなど、馬券圏内(3着以内)には人気薄の馬がたびたび飛び込んできている。

 そうした状況を踏まえれば、今年も思わぬ伏兵が上位入線を果たしてもおかしくない。そこで、過去10年の結果をヒントにして、そんな穴馬を探し出してみたい。

 最初に取り上げたいのは、ダービートライアルのGII青葉賞(東京・芝2400m)から挑む人気薄の馬である。

 先述のウインバリアシオン(青葉賞1着)をはじめ、2012年に5番人気で2着と好走したフェノーメノ(同1着)、2013年に8番人気で3着と善戦したアポロソニック(同2着)など、青葉賞で連対しながら低評価にとどまり、それに反発して本番で波乱を演出した馬が結構いるからだ。

 そして今年も、GI皐月賞(4月14日/中山・芝2000m)の上位組の評価がかなり高いため、青葉賞(4月27日)組が上位人気に推される気配はない。ならば、今年のレースを制したリオンリオン、2着ランフォザローゼスは、俄然穴候補として浮上する。

 そもそも青葉賞は、ダービーと同じ舞台で行なわれる重要な一戦。そこで上位に来た馬なら、積極的に狙ってみてもいいだろう。

 続いてピックアップしたいのは、皐月賞ではトライアル戦に敗れて出走を見送った、もしくは出走権を得られなかったものの、ダービーには前哨戦をきっちり勝ち上がって、堂々とゲートインを果たした馬だ。

 実は、先に触れたウインバリアシオンやフェノーメノはこのパターン。

 ウインバリアシオンは、トライアルのGII弥生賞(中山・芝2000m)で7着に敗れて皐月賞をパス。ダービーでは、前哨戦の青葉賞を勝って、そのまま本番での好走につなげた。 

 フェノーメノは、弥生賞で6着に敗れて皐月賞の出走権は得られなかったが、ダービーには青葉賞を制して見事に出走切符を獲得。レースでは、勝ったディープブリランテと壮絶な優勝争いを演じた。

 結果的に、2頭はハードな戦いとなる皐月賞で消耗することなく、ダービーに駒を進めることができた。その辺りも、好走を遂げた一因となったかもしれない。

 今回も、これらと似たタイプを狙ってみたい。該当するのは、ロジャーバローズだ。


京都新聞杯2着となってダービーへ駒を進めたロジャーバローズ

 同馬は、GIIスプリングS(3月17日/中山・芝1800m)に出走するも、7着に敗れて皐月賞出走の望みを断たれた。しかしその後、GII京都新聞杯(5月4日/京都・芝2200m)に出走。先手を奪う積極的なレースでクビ差2着となって賞金を加算し、ダービー参戦へとこぎつけた。

 ウインバリアシオンやフェノーメノのように、前哨戦を勝つことはできなかったが、それらと似たような臨戦過程でダービーに挑むロジャーバローズ。軽視するのは禁物だ。

 最後に注目したいのは、皐月賞で敗れて、ダービーで人気落ちが予想される存在。というのも、昨年の覇者ワグネリアンをはじめ、皐月賞で敗戦を喫して評価を下げた馬が、ダービーで巻き返しを図ることがしばしばあるからだ。

 先に例を挙げたワグネリアンは、皐月賞で1番人気ながら7着と惨敗。その結果、ダービーでは5番人気まで評価を落としたが、鮮やかな戴冠を遂げた。

 また、ともに5番人気で2着と好走した2009年のリーチザクラウンと2010年のローズキングダムも同様だ。いずれも皐月賞では2番人気に推されながら、前者は13着、後者は4着に敗戦した。しかし、人気を下げたダービーであらためて力があることを示し、汚名を返上した。

 さらに、2011年に8番人気で3着に入線したベルシャザールもそう。3番人気の支持を得た皐月賞で11着に敗れて評価が急落するなか、劣勢を跳ね返す健闘を見せた。

 こうした例から、今年も同様のタイプを探してみたが、今回は皐月賞で人気上位だった馬が、そのままダービーでも有力視されている。

 そこで、少し視点を変えてみたい。皐月賞では”穴人気”した馬がことごとく惨敗を喫している。そこから、反撃に転じることができそうな馬を狙ってみたい。

 ニシノデイジー(皐月賞6番人気17着)、シュヴァルツリーゼ(同7番人気12着)、サトノルークス(同8番人気14着)、メイショウテンゲン(同9番人気15着)あたりがその候補となるが、今一度、過去に皐月賞の敗戦から巻き返した前述4頭の戦績を見てみると、皐月賞が5戦目か6戦目で、いずれも重賞かオープン勝ちの実績があった。

 この条件に当てはまるのは、サトノルークスだ。

 同馬は、2戦目の未勝利から500万下、そしてオープンのすみれS(2月24日/阪神・芝2200m)と3連勝を飾った。皐月賞では不本意な結果に終わったが、距離が伸びてよさそうなタイプだけに、盛り返す余地は十分にあるのではないか。

 血統的にも成長力豊かな一族であり、皐月賞の敗戦だけで見限るのは早計だろう。舞台設定がガラッと変わって、同馬の走りも一変する可能性はある。一発への期待が膨らむ1頭だ。 3歳の頂点を決する日本ダービー。競馬に携わる誰もが夢見るひのき舞台とあって、他のレースにはない異様な雰囲気に包まれる。そんな状況だからこそ、ここに挙げた4頭が思わぬ結果をもたらしても不思議ではない。