女と男は同じ人間であっても、その生態は全く別。「女って面倒だよな〜」なんて言いながらため息をついている男友達や彼氏を見たことが、あなたにもあるのではないでしょうか? どれだけ大好きな彼女であったとしても、どれだけ長い付き合いの女友達だとしても、ときに男は女の生態にうんざりしてしまう瞬間があるもの。
そこで今回は、「『女って面倒だな……』と男がうんざりしてしまう女子の言動」をご紹介したいと思います。

(1)言葉通りに受け取るとキレる

「仕事でミスをした彼女を励まそうとしたとき『今日は一人にして……』と、言われたので帰ろうとしたら『私のこと、心配じゃないの!?』と言ってキレられた。言われた通りにしただけなのに……」(30代・金融)

▽ これは女子の「あるある」ですよね。言葉の裏を読みとってほしい女子と、言葉通りに行動してしまう男性陣がわかり合うのはなかなか難しい!

(2)すぐに疑う

「男友達と飲みに行くと言うと『ほんとに?』と疑われ、『大好きだよ』と言うと『ほんとに?』と疑われる。ただの口癖かもしれないけどいちいち疑ってくるのが面倒です」(30代・歯科医師)

▽ 深い意味はなく、なんとなく「ほんとに?」って言葉を使っている女子は案外多いハズ。しかし男性陣は疑われることを快く思わないので、「ほんとに?」という言葉は気軽に使わないほうがいいもしれませんね。

(3)アドバイスを嫌がる

「彼女が転職しようか悩んでいたので、せっかく何年も続けた会社を辞めるのはもったいないとアドバイスしたところ『ただ話を聞いてほしいだけでアドバイスはいらない』と一喝された。めんどくさい……」(20代・工学デザイナー)

▽ 女子はただただ話を聞いてほしいだけなんですよね。それに対し男性陣は「何かアドバイスを求められている」と思ってしまうので、いざこざが起こる……。良かれと思ってアドバイスした男性陣にとっては、面倒な女子の生態かも。

(4)突然不機嫌になる

「さっきまで笑っていたのに、ちょっとでも気に障るようなことを言うと突然不機嫌になる。たいしたことのない一言でもいちいち突っかかってこられると面倒だと思ってしまいます」(20代・学生)

▽ 女子にとって「言葉」とはとても重要なものなので、ちょっとした一言であったとしても引っかかってしまうんですよね。しかし、あまり言葉に気を使わない男性陣にとっては面倒な生態かもしれませんね。

(5)褒めてもキレる

「メイクを変えた彼女に『すっごい可愛い! 前よりも全然いいよ!』と褒めたら『じゃ、前の私は可愛くなかったってこと!?』と言ってキレられた。褒めただけなのに」(30代・不動産営業)

▽ 男性陣に悪気がないのはわかっているんですが、ついつい引っかかってしまうのが女子ならではの生態。素直に「ありがとう」と言えればいいんですけどね。

まとめ

いかがでしたか? 女にとっては「当たり前」のことであっても男性陣にとっては「わからない」ということがたくさんあるんですよね。男と女が本当の意味でわかり合えることは皆無! しかし「わかろう」とする姿勢は必ず相手に伝わるもの。男も女も相手との違いを受け入れながら、上手に付き合っていきたいですね。