アメリカの大富豪がジョージア州にあるモアハウス大学の卒業式(2019年5月19日)で、「とんでもないサプライスプレゼントを発表しました」とキャスターの山崎夕貴アナが伝えた。卒業生396人の学生ローン4000万ドル(44憶円)を全額肩代わりするという。

総資産5500憶円というバート・F・スミス氏は、卒業生を前に「みなさんのバスに燃料を入れる。みなさんが世の中に貢献すると信じている」とスピーチし、今後も寄付を続けることも約束した。

オバマ前大統領も「すばらしい」

デーブ・スペクター(テレビプロデューサー)「すごい」

山崎「それだけ学生ローンが社会問題化しているということです」

全米で4400万人以上が学生ローンをかかえ、総額169兆円に達するという。

デーブ「選挙でも取り上げられるぐらいの問題です。アメリカで寄付は日常的でも、学生ローンでは聞いたことがありません」

オバマ前大統領はツイッターで「すばらしいニュースだ。大きな変化になる機会をもたらした」と称賛した。

司会の小倉智昭「俺、ローンを組んでないよという学生もいたろうなあ」

深澤真紀(コラムニスト)「日本でも、バブルがはじけて以降、学生ローンは伸び、20%から50%の学生が借りて、ローンに追われて結婚できない人もいます。奨学金とは実は学生ローンですよ。対策をしないといけません」

小倉「だれか出てきてくれるといいな」