情報サイトやSNSなどをのぞいてみると、「リップメイク=唇を大きく見せる」テクニックばかり。中には、唇の厚みに悩んでいる人もいるのに……。今回は筆者の元に届いたリクエストにお答えし、「厚めの唇」を小さく見せる方法についてご紹介させていただきます!

厚めの唇がもてはやされているけど…

SNSや美容雑誌などで唇を大きく見せるメイク法が取り上げられているように、世の中の女性はぷっくりと厚みのある唇に羨望の眼差しを向けています。中には、ヒアルロン酸を注入したりしてまでセクシーな唇を手に入れる人もいるほど。
一方で、存在感のある唇にコンプレックスを抱えている人がいるのも事実。でも、安心してください! メイクで唇を小さく見せることができるんです。ということで今回は、厚めの唇を小さく見せる方法についてご紹介します。

1: グラデーションリップ

数年前から流行しているグラデーションリップは唇の輪郭をぼかし、唇の内側に濃いカラーをのせてグラデーションを作るリップメイクテクニック。この方法を使えば、もとの唇の大きさがカモフラージュされ、厚みを目立たなくさせることができるんです。

用意するもの

・ リキッドコンシーラー
・ 落ちにくいリップ(ティントなど)
・ 綿棒
・ リップグロス

使用コスメ※左から

(1)唇全体に指でリキッドコンシーラーを叩き込む

コンシーラーを直塗りすると厚塗り感が出て不自然なので、必ず指に少量ずつ取って叩き込みましょう。また、唇全体にコンシーラーを塗ることで、唇が渇きやすくなるため、念入りな保湿をしてから行ってください。

(2)唇の内側にリップを数点置き

後から使用するグロスと色が混ざり合わないよう、ティントなどの落ちにくいリップを使用しましょう。

(3)綿棒でぼかしてグラデーションを作る

色を塗り広げる目安は、唇の内側から3分の2の厚みまでがベストです。

(4)グロスで唇にツヤ感をプラス

グロスを選ぶときは、グラデーションの美しさを引き立ててくれるような、クリアな発色のものを選ぶとベター。

2: 唇の再形成

次にご紹介するのは、もともとの唇の輪郭を軽く消し、リップライナーで理想の唇を再形成する方法。このやり方をマスターすれば唇の厚みを気にすることなく、好みの色や質感の口紅を楽しめるようになるはずです。

用意するもの

・ リキッドコンシーラー
・ リップライナー
・ リップライナーと同系色の口紅
・ リップブラシ

使用コスメ※上から

(1)厚みが気になる部分に指でコンシーラーを叩き込む

唇と肌の境目が目立たなくなるまで、指でポンポンと叩き込んで馴染ませます。唇全体にコンシーラーを塗らない理由は、唇が乾燥し、リップライナーが引きにくくなってしまうためです。

(2)リップライナーで元の唇より小さめにラインを取る

リップライナーは落ちにくいものを使用しましょう。

(3)リップライナーで唇の内側を塗りつぶす

この工程を入れることで口紅の持ちが良くなり、新しく型取った唇をリアルに見せることができます。

(4)リップライナーと同系色の口紅を塗る

細かい部分はリップブラシを使用し、リップライナーで型取ったラインからはみ出さないようにしましょう。

コンプレックス解消&メイクを楽しんで

今までコンプレックスに感じていた唇も、メイク次第で小さく見せることができます。これからは質感・色を問わず、好みの口紅でリップメイクを楽しんでくださいね!