中国吉林省長春市在住の女性が、子どものおしっこをレストランの食器で受け止めたとみられる画像などをSNSに投稿し、物議を醸した。

写真拡大

中国吉林省長春市在住の女性が、子どものおしっこをレストランの食器で受け止めたとみられる画像などをSNSに投稿し、物議を醸した。中国経済網など複数の中国メディアが20日付で伝えた。

この件を暴露したネットユーザーによると、女性はチャットアプリ・微信(WeChat)のグループ内でおわんに黄色がかった液体が入っている画像をアップロード。「中に入っている液体は何か」と問い掛け、正解者には微信の機能を使って5.21元(約85円)の「賞金」も用意した。女性はその後、別のグループで「レストラン街に麺を食べに行ったら、息子が急におしっこがしたいと言い出して、空き瓶も持っていなかったので、別のテーブルにあったおわんを持って来て受け止めた聖水」と「正解」を発表したという。

報道によると、その後、女性の写真の位置情報などからショッピングセンターが特定され、写真と似た食器を使っている二つの飲食店は、店内の食器をすべて交換する措置を取った。女性が勤めているドラッグストアの代表は、「彼女は『ありえない』と話しているが、悪影響が大きいため解雇した。こういうことは許してはいけない」と話している。

暴露したネットユーザーは「同じ子を持つ母親として、私は子どもがたとえお漏らしをしたとしても、おわんにはさせない。子どもにどんな手本を見せているのか。しかも、それをチャットグループでひけらかすなんて」と嘆いた。他のネットユーザーからも、「道徳心のない親だ。恥ずかしいと思わないのか」「こんな親の下で良い子が育つわけない」「頭がおかしい。解雇も当然」「店内にトイレあるでしょ?。本当におかしなことが起きるもんだ」など、非難の声が殺到している。(翻訳・編集/北田)