ロシアの女子フィギュアスケートのアリーナ・ザギトワ選手(17)が、慣れた手つきで車を運転している。今月1日(2019年5月)、自らインスタグラムに投稿した動画だ。「実は、この映像には2つの大きな問題があります」と古谷有美アナが説明した。

1つはシートベルトをしていないこと。さらに重要なのはロシアで自動車の運転免許を取得できるのは18歳になってからなのに、その時は16歳だったこと。つまり、無免許だったわけだ。映像はすぐ削除されたが、この映像をきっかけにロシア交通警察当局は捜査を始めた。

ロシア交通警察当局は捜査を始めたが...

ザギトワ選手は父親の誕生日を祝うためロシアに帰郷していた。容疑が確定すれば、日本円で8500円〜2万5500円程度の罰金を科される可能性がある。

古谷アナ「ザギトワ選手といえば、堀尾さん。この映像、どう思いますか」

キャスターの堀尾正明「誰が撮っているんですかねえ。日本に来たときは、ボーイフレンドはいないと言ってましたよね」

キャスターの真矢ミキ「交通ルール、運転ルール、日本とは認識が違っているんでしょうか」

司会の国分太一「(無免許を)わかっていて撮って、それをまたアップするのは疑問がありますね」

古谷アナ「共同通信によりますと、ザギトワ選手は日本のアイスショーに出場するため、きょう21日(2019年5月)、ロシアを立つということです」