映画『家族を想うとき』カンヌ・パルムドール受賞ケン・ローチ監督最新作

写真拡大

映画『家族を想うとき』が、2019年12月13日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開。

カンヌ・パルムドール受賞、ケン・ローチ監督最新作

メガホンを握るのは、映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』でカンヌ国際映画祭 最高賞パルムドールを受賞した、イギリスの巨匠ケン・ローチ監督。

これまで労働者や移民、貧困など社会問題に焦点を当て、社会的弱者を取り巻く現実、明日を生きようとする人々の懸命な姿を捉えた作品を世に送り出してきたケン・ローチ監督だが、『わたしは、ダニエル・ブレイク』を最後に映画界からの引退を表明していた。

“働いても働いても報われない”英国家族の物語

監督が引退宣言を撤回してまで、本作『家族を想うとき』で描きたかったのは、グローバル経済が加速する中で変わっていく人々の働き方と、時代の波に翻弄される「現代の家族の姿」だ。

物語の舞台は、イギリス北東部ニューカッスル。マイホーム購入を夢みて働く父・リッキーとホームヘルパーとして働き家計を助ける母・アビー。そして愛する息子セブ、娘ジェーンの4人家族が主人公だ。

父リッキーは、大手配送業者のフランチャイズの下請けドライバーとして働き、母アビーはホームヘルパーとして朝から晩まで働く。理不尽なシステムによる過酷な環境下では、働いても働いても、社会の下層から這い上がれない報われない日々が続いている。社会への「怒り」、働き方への疑問。両親が懸命に働く中、子供たちはどんどん寂しさを募らせていくのだった…。日本でも日々取り上げられている労働問題と重なり、観る者は現代社会が失いつつある家族の美しくも力強い絆に、激しく胸を揺さぶられるだろう。

あらすじ

イギリス、ニューカッスルに住むある家族。父のリッキーはマイホーム購入の夢をかなえるために、フランチャイズの宅配ドライバーとして独立。 母のアビーはパートタイムの介護福祉士として、時間外まで 1 日中働いている。家族を幸せにするはずの仕事が、家族との時間を奪っていき、高 校生のセブと小学生の娘のライザ・ジェーンは寂しい想いを募らせてゆく。そんななか、リッキーがある事件に巻き込まれてしまうーー。

【作品情報】

映画『家族を想うとき』
公開日:2019年12月13日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開
監督:ケン・ローチ
脚本:ポール・ラヴァティ
出演:クリス・ヒッチェンズ、デビー・ハニーウッド、リス・ストーン、ケイティ・プロクター
photo: Joss Barratt, Sixteen Films 2019


[写真付きで読む]映画『家族を想うとき』カンヌ・パルムドール受賞ケン・ローチ監督最新作

外部サイト

  • 映画『ティファニーで朝食を』シネマコンサートが東京国際フォーラムで、オーケストラの生演奏と共に鑑賞
  • 人気海外ドラマ『ダウントン・アビー』映画化、英国国王が伯爵家を訪問する騒動を描く
  • 映画『フォードvsフェラーリ』軌跡の実話 - ル・マン伝説のレースに挑む男たちを描く