「各陣営とも、建前上は『うちの馬にもチャンスがある』とか、『逆転可能』とか言っていますけど、本音は違います。みんな、戦う前から白旗を上げています」

 関西の競馬専門紙記者がそう語り、各陣営が一目置いている馬とは、3歳牡馬の「一強」と称されるサートゥルナーリアのことだ。

 今週末に行なわれる第86回日本ダービー(5月26日/東京・芝2400m)。すでに関西の厩舎関係者の間では、サートゥルナーリアには「どうやっても勝てない」「勝負あった」といった空気が流れているという。

 前走の皐月賞(4月14日/中山・芝2000m)では、2着ヴェロックス、3着ダノンキングリーとは同タイムで、アタマ、ハナ差の接戦だった。だが、それほど際どい勝負であっても、あのレースを見て、2着、3着の馬が「ダービーでは(サートゥルナーリアを)逆転できる」と思った人は、そう多くはないはずだ。

 形のうえでは接戦だったが、サートゥルナーリアと、2着、3着となった馬の間には、そう思わせるほどの、着差には表われない能力的な開きが感じられた。

 まさにそのことを、ダービーに管理馬を出走させる各厩舎関係者はひしひしと感じている。ゆえに”お手上げ”状態だというのだ。


皐月賞を制したサートゥルナーリア

 振り返れば、サートゥルナーリアにとって皐月賞は、昨年暮れのGIホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)以来の休み明け。トライアルを一戦も使わないという異例のローテーションだった。

 そして、年明け初戦が皐月賞という馬が、過去に皐月賞を勝ったことは一度もない。そのため、戦前には「サートゥルナーリアに取りこぼしがあるとすれば、皐月賞」と言われた。

 しかし、そんな”ハンデ”さえものともせず、サートゥルナーリアは皐月賞を勝利。見事、単勝1.7倍という断トツの人気に応えた。

 その事実が、サートゥルナーリアの、競走馬としての底知れない強さを物語っている。

 さらに、皐月賞前とは違って、今度は事あるごとに「順調」「絶好調」といった様子が伝わってくる。実際に前出の専門紙記者も、サートゥルナーリアの順調さについてこう証言する。

「ダービー前の順調さについては、(放牧から)厩舎に戻ってきてからの乗り出しの時期によく表われています。皐月賞の前は(放牧から)帰厩して、初時計を出すまでに1週間以上かかっていましたが、今回は皐月賞後の短期放牧から帰ってきて、すぐに時計を出しましたからね。

 しかも、前走時にはまだ余裕があった馬体が、今はほどよく絞れています。本番1週間前の段階で、皐月賞出走時とほぼ同じくらいですから、このあとの稽古と輸送で(ダービーに向けては)ちょうどいい具合に絞れるはず。

 それでいて、テンションが上がるということもなく、精神的にどっしりと落ち着いている。レース前の状態としては、皐月賞の時とは比べ物にならないくらい、いい感じですよ」

 これでは、ライバル陣営が”白旗”を上げるのも頷ける。

 サートゥルナーリアについて語られる際、同じシーザリオを母に持つエピファネイア、リオンディーズの兄2頭がよく引き合いに出される。

 2頭ともデビュー当時から素質の高さを評価され、「ダービー候補」と言われた。だが、いずれもその戴冠は果たせずに終わった。最大の理由は、有り余る能力を持ちながら、それを制御するだけの肉体、精神面の成長が、ダービーを目前に控えたこの時期に不足していた、とされている。

 つまり、2頭の兄はレースではなく、自分に負けたのだ。

 性格的に「おとなしい」「落ち着いている」と評価されるサートゥルナーリアと、兄2頭との最大の違いはそこにある。要するに、春のクラシックで頂点に立てないと言われた”シーザリオの壁”など、サートゥルナーリアの前には存在しないのだ。

 兄2頭の父はエピファネイアがシンボリクリスエス、リオンディーズがキングカメハメハだが、サートゥルナーリアの父はロードカナロア。早くも名牝アーモンドアイを出して、「ポスト・ディープインパクト」と言われる血が、兄2頭には足りなかった”成長”を可能にしたのだろう。

 また、種牡馬としてのロードカナロアには、母系の優れているところをうまく引き出す特徴があると言われている。それが、サートゥルナーリアの場合、走るときの雄大なフットワークによく表われているとされる。

 あの雄大で、力強い走りが、日米のオークスを制した母シーザリオ譲りであるならば、初の左回りも、父が短距離系ゆえについて回る距離不安も、おそらく取るに足らない問題と言えるだろう。

 クリストフ・ルメール騎手からダミアン・レーン騎手への乗り替わりも、先の専門紙記者によれば、「プラスではないが、かといって大きなマイナスでもない」。

 ダービーに向けて、サートゥルナーリアには不安もなければ、ほんのわずかな死角さえないのだ。

 文字どおりの”テッパン”。「令和」初のダービーは、14年ぶりの無敗のダービー馬誕生の舞台となる――。