フジテレビ系列で2006年から2012年まで放送されていた元祖女子会トークバラエティが、7年ぶりに帰ってきた。今年1月(2019年)から始まった「グータンヌーボ2」だ。進行役の長谷川京子、田中みな実、滝沢カレン、西野七瀬がロケに出て、女性ゲスト2人と台本なしのトークを繰り広げる。そのVTRをスタジオで4人がモニタリングしながら、さらに話を展開していくという流れだ。

四十女3人 山も谷も乗り越えて痛快本音トーク

今回は、長谷川京子がかねてから会ってみたかったという「m-flo」のLISAと、夫の宮崎謙介元衆議院議員の不倫騒動で注目を集めたやはり元衆院議員の金子恵美がゲストでだった。代官山のおしゃれなカフェに集合した40代の3人は、まずはアルコールで乾杯する。

20〜30代がゲストのときはお互いに遠慮し合って話が進まないことが多いのだが、この3人は初対面で早くも打ち解けている。カメラの存在も意識していないようで、互いに聞きたいことを尋ね、尋ねられたら赤裸々に語る。いや〜、みなさん見ていて清々しいです。

金子は不倫騒動について問われると、「じつはそんなに怒りがなかった」と意外にもあっさりとしている。あれは世間では「裏切り行為」なのかもしれないが、それを上回る絆が夫婦間にあるから、裏切りとは感じなかったと語る。 それを聞いて、LISAは「You are very cool。 すっげぇかっこいい」と支持する。長谷川も「私も、たとえばそういうことがあったら、許すかもしれない。でも、いまのこの日本において、周りが許さないでしょう。双方の問題なのに。それに押し潰されなかった金子さんがカッコいい」とやはりリスペクトだ。

「男のキザってありだよね」「日本の男って逃げるでしょ」

他にも「男のキザってアリだよね」「結婚していても、夫以外の男性に胸キュンはあり。実際に思うこともあるし、そこに罪悪感はない」「日本の男性って、語り合うことに対してちゃんと向き合ってくれる人っている? なんか逃げるでしょう」などなど、ぶっちゃけ発言が続く。

恋愛も仕事も、それぞれ山あり谷ありを乗り越えて、キャリアを積んできた40代女性の発言はどれも核心をつくものがあり、楽しくも見ていて勉強になったのでした。いやはや、年を取るごとに健康の話ばかりしていたんじゃいけないわ。

番組は関西テレビの制作で、北海道、四国・中国地方、東北地方などのネット局でも放送されているほか、AmazonプライムやTVerなどのインターネット配信でも視聴可能だ。(5月7日深夜0時45分〜))                              

バード