新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は15日、バスに無賃乗車した女性が、自分は正しいと言い張ったと伝え、その時の様子を撮影した動画を紹介した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中国のバス。

写真拡大

新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は2019年5月15日付で、バスに無賃乗車した女性が、自分は正しいと言い張ったと伝え、その時の様子を撮影した動画を紹介した。

記事によると、浙江省義烏市内の路線バスで14日、若い女性が運賃を支払わずに乗車したことに運転手が気付き、注意をしたところ、この女性は逆ギレしたという。

運転手との言い争いの中で女性は、「運賃なんて払ったことはないし、誰からも注意されたことはない」「路線バスはみんなのバスだ」「私は慈善団体ではない」「毎日このバスに乗るわけではない」「超ウケるんだけど」などと述べている。しかし、運転手が電話で警察へ通報したのを見て、立場が悪いと悟ったのか、さっさとバスを降りて行ったという。

これに対し、中国のネットユーザーから「今までも払ったことがない? これは常習犯じゃないか。なんて厚顔無恥なんだ」「こんなにも恥知らずな人は見たことがない」「この社会はいったいどうしてしまったのだろう。この人の面の皮は万里の長城の壁より厚そうだ」などのコメントが寄せられた。

また、「これは今までの無賃乗車分も全部支払うべきだな」「こういう人はブラックリストに載せるべき」「この女性が年をとるにつれますます悪くなりそうで恐い」などの意見もある。当然のことだが、女性を擁護するようなコメントは全く見当たらない。多くのネットユーザーがあきれたようだ。(翻訳・編集/山中)