ロシアの標高4585メートルの山を登っていた日本人男性 滑落し死亡

ざっくり言うと

  • ロシア極東のカムチャツカ半島で17日、登山中の日本人男性が滑落し死亡した
  • 日本人の登山家3人が標高4585メートルの山を登っていた際、男性1人が滑落
  • ロシアの救助隊は18日朝に男性を発見し、ほかの2人にけがはなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング