伝統と革新が融合した貴重なモデルがMT仕様で登場!

 アストンマーティン・ジャパンは2019年5月7日、スポーツカー「ヴァンテージ」にマニュアルトランスミッション(MT)を搭載した限定モデル「ヴァンテージAMR」を発表した。200台のみ生産され、2019年第4四半期から納車を開始する。

 限定モデルにはオールアロイ製の4リッターツインターボV8エンジンを採用。前後重量配分を50:50とするため、エンジンはシャシーのなるべく後方の低位置に搭載した。最高出力510馬力/6000rpm、最大トルク625N・m /2000〜5000rpmを実現する。0〜100km/時加速は4秒、最高速度は既存モデルと同等の314km/hとなる。

 ヴァンテージAMRの特徴はイタリア・グラツィアーノ社がモータースポーツからヒントを得て開発した7速MTを搭載していることだ。またカーボンセラミックブレーキを標準装備したことで、従来モデルに比べて95kgの軽量化を実現している。

 スポーツ車に多く使われるドッグレッグのシフトパターンを採用し、2速〜7速をHパターンに配置した。マニュアル車ならではの運転する悦びやクルマとの一体感を高めるため、リミテッドスリップ・ディファレンシャルを組み合わせている。このディファレンシャルには、アストンマーティンのチーフエンジニアが率いるダイナミクスチームの拠点、シルバーストーンサーキットでチューニングが施された。

 MTには「AMSHIFT」を採用し、シフトダウンの際に自動的に回転数を上げるオートブリッピング機能を搭載した。これはフルスロットル状態でシフトアップする際にも、スムースで加速の中断を最小限に抑える役割を果たす。また最先端のアダプティブダンピングシステムとスカイフックテクノロジーにより、ドライバーの好みや路面状況に合わせて「スポーツ」、「スポーツ+」、「トラック(サーキット)」の3つのモードからクルマのキャラクターを選択できる機能を盛り込んでいる。

 ヴァンテージAMRは世界で200台限定の貴重なモデルで、141台にはサビロ・ブルー、オニキス・ブラック、チャイナ・グレー、ホワイト・ストーンの4色のボディカラーを用意した。残りの59台には1959年のルマン24時間レースで1−2フィニッシュを飾った伝説のマシン「DBR1」の60周年を記念した限定カラーを施している。

 限定色は「Vantage59」と名付けられた。特別仕様はスターリング・グリーンとライムを組み合わせたエクステリアカラーと、ダークナイトレザーとアルカンターラを採用したインテリアを組み合わせた。

 希望小売価格は約2036万円、ヴァンテージ59は約2311万円で、全世界で先着順に販売する。ヴァンテージAMRモデルの販売終了後も、2020年第1四半期からMTがオプション設定される予定だ。