深刻な問題に発展する可能性も? 着る服を束縛する彼氏の実態

写真拡大

付き合うまで相手についてわからないことって、いろいろあるもの。
付き合い始めてから嬉しい発見をすることもありますし、またその反対も。
では、着る服にあれこれ言われるのってどうなんでしょう?
愛情表現だと思って喜ぶ彼女もいるでしょうし、シンプルに、ウザい、と思って嫌がる彼女もいるでしょう。
感じ方は人それぞれですが、ここでは着る服に口出しする彼氏がウザい、と思っている彼女たちの声を集めてみました。

露出を嫌がる束縛彼氏


彼氏が彼女の着る服に口出しする理由としてまず多かったのが、「露出」が嫌だから。
ただ短いスカートやショートパンツなどなら、まだわかるのですが、「かがんだときにちらっとでも谷間が見えてはダメ」という理由で鎖骨の見えるトップスが着られず「オシャレが楽しめない!」と苛立つ意見が。
なにより「そんな理由で口出しするってことは、自分が女の子をつねにエロい目線で見ているってことじゃない?」と正面からバトルの予感も。
それに対する彼氏の言い分は、「どこで誰が見ているかわからないからきっちりしてほしい」「ほかの男に取られたくない」というものです。
愛、と言えなくもないですが……感じ方は人それぞれですね。

服に口を出されるとセンスを否定されているようでつらい


また、言い返せる女の子ならいいのですが、大人しい女の子は「彼氏の言うことを聞くものだ」と思って素直に従うこともあるようです。
そうしているうちに、自分の服を選ぶセンスが悪いような気がして、だんだん自信がなくなってしまう場合も。そうなるとちょっと深刻ですよね。
やがては、生活のすべてを彼の判断をあおいでしまう、なんて事態になる可能性も。
彼の意見も大切ですが、もし不安に思ったら、友達に相談してみましょう。
あなたのセンスに問題がないとわかれば、なんでも彼に聞く必要はないと自信をもてるはずです。着る服も、全部彼の希望に合わせなくてはいけないわけではありません。

着る服に口を出す彼氏の要求はエスカレートする


彼女が着る服にこだわる彼氏は、だんだんと要求をエスカレートさせる傾向があります。
帰ってくる時間、誰と会うのか飲み会メンバーの把握、などなど。
すべて「心配しているから」「お前がしっかりしていないから」などと耳障りのいい言葉で告げられます。
彼女がそれを幸せだと思っているなら構わないのですが、度を過ぎるとやはり問題です。彼氏に依存してしまう構図ができ上がってしまいますよね。
はじめは着る服の露出を制限するだけの、かわいらしい独占欲だったものが、大きな問題に発展しかねません。あなたが嫌だと感じたら、きちんと伝えることも大切。

おわりに


たかが着る服と思っても、おしゃれは自己実現のひとつです。ちゃんと理解してくれる人とお付き合いしたいですね。
もちろん、ここで挙げたような愛情表現を好むのであれば、それはいいことです。
恋人と対等な関係を築いて幸せを手に入れましょう。
(yummy!編集部)

公開日:2015年12月26日
更新日:2019年5月17日