Pixel 3aの夜景撮影を試してみた

写真拡大

 高価格が普及のハードルになっていたGoogleのスマートフォン(スマホ)「pixel 3」に、価格を抑えた普及モデル「Pixel 3a」が登場した。リーズナブルな価格になっても、ハイエンドモデルに劣らない性能を誇っている。SIMフリー版は4万8600円だが、ソフトバンクで「半額サポート」を利用すれば、実質2万8560円で購入可能だ。

 Pixel 3aは、約5.6インチのFHD+有機ELディスプレイを搭載したミドルレンジのスマホ。CPUがSnapdragon 670で、メモリが4GB、ストレージが64GB。OSが最新のAndroid 9.0 Pieで、セキュリティアップデートを最低3年間保証している。バッテリ容量は3000mAh。FeliCaを搭載し、「おサイフケータイ」やGoogle Payなどの非接触決済に対応。背面に指紋認証センサーを搭載する。

 基本スペックはミドルレンジのスマホだが、カメラ機能はハイエンドモデルのPixel 3と同等で、コストパフォーマンスに優れる。アウトカメラは1220万画素で、F値は1.8。光学式と電子式の手ブレ補正やHDR+技術も搭載しており、暗所でも鮮明な写真が撮影可能だ。インカメラは、800万画素でF値は2.0としている。

 特に得意としているのは、夜景の撮影だ。iPhone XRの写真と比べてみると、Pixel 3aがただの“廉価版”ではないことは一目で分かる。参考までに、日本で人気のiPhone 8の写真と比べてみると、Pixel 3aの写真のキレイさが際立つ。Pixel 3の写真と比べてみても見劣りしない。

 よく見比べてみると、Pixel 3aの写真はiPhone XRに比べて明るく、細部まで描写されているように見える。色味はiPhone XRの方が現実に近いが、Pixel 3aの写真は鮮やかな印象だ。iPhone 8の写真は照明が白とびしていたり、暗いところがぼやけていたりと、物足りなく見えてしまう。

 また、ポートレートモードでは被写体深度を調整できたり、AR技術を駆使したPlayground機能でキャラクターと写真や動画が撮影できたりと、上位機種と同じ体験ができるようにした。カメラをかざすだけで物の検索ができるGoogleレンズも備える。

 このほか、Pixel 3aは重さが147gという軽さを実現している点も魅力的だ。194gのiPhone XRを持った後だと、なおさら軽く感じる。Pixel 3aのバッテリ容量は3000mAhとPixel 3よりも多いが、ワイヤレス充電に対応しない。また、水などへの耐性は防滴・防じんのIP52相当になったものの、本体上部にイヤホンジャックを備える点はメリットになり得る。

●最大半額オフで購入するには?



 ソフトバンクで購入する場合、「Google Pixel 3a」が5万7120円、約6.0インチ、幅76.1mmの「Google Pixel 3a XL」が6万7680円だ。

 Pixel 3aが最大半額オフになる「半額サポート」に加入するには、いくつか条件がある。まず、端末を48回の分割払いで購入すること。そして、指定のデータプランに加入することだ。条件を満たして加入した後、25カ月目以降に使用していたスマホを返却し、対象機種に機種変更をすると残債の支払いを免除する。

 さらに、ソフトバンクで購入する特典としては、100GBのクラウドストレージなどが利用できる有料会員サービス「Google One」(通常月額250円)を6カ月無料で使えるキャンペーンがある。同梱のケーブルを使用すれば、iPhoneからのデータ移行もスムーズで安心。店頭では端末の使い心地も体験できるので、検討の材料にしてもらいたい。