亀梨和也、ソロでMステ初登場!滝沢秀明氏とステージ演出「濡れながら歌う」

写真拡大 (全2枚)

5月17日(金)に放送される『ミュージックステーション』には、KAT-TUNの亀梨和也がソロとして初登場。自身の主演ドラマ主題歌の『Rain』を披露する。

亀梨にとって初めてのソロシングルで、楽曲制作の段階から携わったという『Rain』。楽曲の魅力について亀梨は、「物語・ストーリーのある曲。深い思いや“憂い”の世界に僕も入っているところを見てください」と語る。

今回はタイトルにちなみ、ステージに雨が降る演出が。亀梨が同番組で雨に濡れるのはKAT-TUNでの出演時以来14年ぶりとなるが、「Mステさんからご提案をいただいてとても光栄でした。KAT-TUNでも以前に雨の演出をした思い出があるのですが、今回も濡れながら歌う姿を楽しんでいただけたらうれしいです」とコメント。

また、今回のステージでは大人気のジャニーズJr.とダンスコラボも。ステージ演出は滝沢秀明氏とともに入念に練ったそうで、「滝沢くんには、『Rain』の世界観とJr.を含めた演出について相談しました」と亀梨。

「リハーサルから参加してステージを作り上げたのですが。滝沢くんと一緒に仕事をさせていただくのが、僕がJr.時代にバックについていた以来だったので、とても久々でした!」と刺激を受けたことを明かす。

そして、「ソロで出演するのは初めての経験。滝沢くんの演出で、Jr.と一緒にソロとして立てることが今は楽しみです!」と意気込みを語った。