「絶対に当て逃げではない」高田純次が文春報道の疑惑に反論

ざっくり言うと

  • 夕刊フジが16日朝、当て逃げ事故を起こしたと報じられた高田純次に直撃した
  • 「決して当て逃げではない」とし、警察官も追突事故だと話していたと反論
  • 一般道に降りたのは、高速で接触し、その場で止められなかったためとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング