「大型複合イヴェントの新潮流、ヴァージニアにて誕生:ファレル・ウィリアムスが「Something in the Water」で体現した愛あるインクルージョン」の写真・リンク付きの記事はこちら

日本で史上初の10連休が始まろうとしていた4月26日、米ヴァージニアビーチで3日間に及ぶイヴェント「Something in the Water(サムシング・イン・ザ・ウォーター:SITW)」が幕を開けた。

仕掛け人はファレル・ウィリアムス。ミュージシャンとしての成功は言わずもがな、起業家としてファッションブランドを展開し、最近はシャネルとのコラボレーションでも話題を呼んでいる。

わずか半年前に企画された『東海岸のSXSW』

そんな彼が初めて開催したイヴェントに駆けつけたのは、ジェイ・Z、スヌープ・ドッグ、クリス・ブラウン、トラヴィス・スコット、ミッシー・エリオット……。この錚々たる面々を含めた42組のアーティストによるパフォーマンスに加え、ルイ・ヴィトンのアートディレクターを務めるヴァージル・アブローとストリートアーティストFutura(フューチュラ)によるDJ&VJも行なわれた。

テクノロジーやダイヴァーシティ、スタートアップについてのトークセッション、ソニーやアディダスなどの企業による出展も行われ、ストリートには現代アーティストKAWSによる「HOLIDAY」をはじめ、いたるところにアートが展示されていた。

さらに、現代アーティストの村上隆と「BILLIONAIRE BOYS CLUB」がコラボした限定グッズが販売されたり、砂浜には教会のミサが再現される「ポップアップ・チャーチ」が開かれたりと、さまざまなコンテンツに溢れる3日間となった。

チケットは開催の1.5カ月前に販売が開始され、即完売に。会場近くはリゾート地でホテルが多くあるにもかかわらず、すべて満室となった。米海軍に勤めているという地元のUberドライヴァーのジョンは、SITWを目当てにヴァージニアにやってきたことを告げると、こう返した。

「ファレル、スヌープ、クリス・ブラウンが来るって同僚から聞いてチケットをとろうとサイトにアクセスしたら、すでにソールドアウトさ。あっという間に売り切れていたので(チケットを持っている)あなたが羨ましいよ」

公式な数字はまだ出ていないが、地元メディアによると約70,000人が集まったといわれている。このイヴェントの構想をファレルが練りはじめたのは、2018年秋ごろのこと。「東海岸のSXSW」とも言われているSITWを、わずか半年で生み出した背景には何があったのだろうか?

1/7「Something in the Water」のビーチステージ。連日正午から夜中まで浜風を感じながらライヴを楽しむことできた。 2/7ヴァージニアビーチに登場した、現代アーティストKAWSの作品『Holiday』。 3/7DAY 1のカンファレンスではダイヴァーシティ、仕事、音楽などについて来場者からも活発な意見が発せられた。 4/7ギネスにも登録されている世界一長いビーチであるヴァージニアビーチの側道に掲げられた「Something in the Water」のポスター。 5/7若手アーティストの作品がヴァージニアの街中に展示されていた。 6/7ビーチステージ終了後には、ビーチに残されたゴミを自主的に拾う人たちが多かった。「クリーンなイヴェントを心がけよう」というファレルの語りかけを意識した行動がいたるところで見受けられた。 7/7ヴァージニア州を表す「VA」のハンドサイン"2up 2down"を行なうファレル・ウィリアムス。

音楽フェスではなく“コミュニティ・フェス”

実は、SITWが行われた4月最終週のヴァージニアビーチでは、「College Beach Weekend(カレッジ・ビーチ・ウィークエンド)」というイヴェントが開催されている。これは休み中の学生に向けたイヴェントなのだが、近年では期間中に暴力事件が多発し、行政や警察から問題視されていた。

このイヴェントをなんとかできないかという相談がファレルのもとに入り、生み出された企画が「Something in the Water」なのである。SITW初日のカンファレンスでも、DAY 2のライヴステージでも、ファレルはこのように参加者に語りかけている。

「多くの黒人学生が困っている。ヴァージニアにはストリートしかない。もちろんストリートからも学べる。事実、ぼく自身もストリートから多くを学んできた。でもなにか新しいものを生み出す必要があると考えて企画したのが、この『Something in the Water』なんだ。音楽ステージを中心に、アート、ビジネス、宗教、ファッションなど多様なテーマも扱う。そして日曜日には“ポップアップ”で教会を砂浜に出現させるので、多くのインスピレーションを得てほしいし、コミュニティのチカラを感じてほしい」

「多くのミュージシャンが参加するが、これが単なる音楽フェスではなく“コミュニティ・フェス”であることも理解してほしい。これは自分たちが参加することによって成り立つもの。ここでは黒人も白人も、ヒスパニックやアジア系などの人種も国境も関係ない。世界がヴァージニアに注目している。いまここにいる全員がヴァージニアンとしてポジティヴにこのイヴェントを成功させよう」

ファレル・ウィリアムス(中央左)は、暴力事件も起きている地元ヴァージニアで「新しい何かを起こそう」と考え、昨年10月から企画を進めてきた。

DAY 1、終日キャンセルという英断

3日間のイヴェントの初日は嵐が直撃し、海岸沿いに設置されたメインのビーチ・ステージは終日キャンセルとなってしまった。

ファレルはコンヴェンションセンターで登壇していたが、彼のトークセッション中も雷と雨の音が激しく屋内にも響いていた。その雷鳴に対してファレルは「神様が天から語りかけている証拠だね」とユーモアを交えて来場者を和ませつつも、いちばん大切なのは参加者の安全だと判断し、初日の屋外ビーチステージすべてを中止した。

初日の目玉ステージにはDiplo(ディプロ)や地元出身のDave Matthews Band(デイヴ・マシューズ・バンド)もラインナップされており、参加者の期待値が高いなかでの勇気ある決断だった。

ネガティヴなコメントが出て炎上し、一気にイヴェントの評判が地に落ちる恐れもあっただろう。しかし、カンファレンスやSNSを通じたファレルの真摯な態度や、チケットの返金も即座に対応されるスムーズなオペレーション、そして出演予定のミュージシャンたちからもSNSを通じて「演奏できずに残念だが、参加者の安全がいちばん。また来年会おう」とポジティヴなメッセージが発信され続けたことによって、大きな騒ぎになることはなかった。

VA Beach, the weather wasn’t great today but it’s clearing up and we’re excited to see you first thing in the morning. Thank you for hanging in there….we will not disappoint. Thanks everyone who showed up today, every artist, every company and everyone involved.

- Pharrell Williams (@Pharrell) 2019年4月26日

イヴェント公式アカウントからのDAY 1ビーチ・ステージのキャンセル発表後、即座にファレルからもTwitterでコメントが発信された。

VIRGINIA BEACH SORRY WE COULDN’T ROCK WITH YOU AND BIG BRO @PHARRELL. WE’LL BE BACK SOON.

- MIGOS™ (@Migos) 2019年4月27日

DAY 1のステージに出演予定だったMIGOSなどほかのミュージシャンたちからも「残念だが来年また会おう」というコメントが寄せられた。

地元民も認める、最高のイヴェント

初日の天候のいたずらは大成功への序章だったのではないか、と思ってしまうほど、その後の2日間は晴天と素晴らしいステージが続いた。

イヴェントチームのオペレーションはもちろん、行政や警察、消防署の対応も非常にスムーズだった。ヴァージニアに40年ほど住んでいるというUberドライヴァーのサンドラは、昨年までのカレッジ・ビーチ・ウィークエンドと比較して「暴力事件もひどい渋滞も起きず、すべてがスムーズにオペレーションされていて最高のイヴェントだわ。また来年もやってほしい」と語っていた。

一部の情報によると、三カ年契約の締結によって「Something in the Water」は、あと数年は確実には開催されるそうだ。来場者も増え、参加企業ももっと増えることになるだろう。

このような初めての挑戦に乗ることは企業としてはリスクが高い。それでも今回企業として参加したアディダス、ウォルマート、ソニー、ティンバーランドなどは、ポップアップブースを出してイヴェントを盛り上げた。アディダスはバスケットボールやダンスなどのワークショップを開催し、ウォルマートはランチサーヴィスを実施。ソニーはライヴステージに加えて、360度サウンドを体験できるドーム「360 RA Experience Dome」で新たな音楽体験を提供していた。

ダンスやバスケットボール、オリジナルトートバックの作成といったワークショップが中心のアディダスブース。常に満員だったので予約をして行ったが、行列が凄すぎて入れなかった。

ソニーによるヴァージニアンのための「360度サウンド」

前例がないイヴェントに乗り、企業市民として一緒にコミュニティを盛り上げるという姿勢は、非常にポジティヴである。ファレルはミュージシャン仲間に声がけするのと同じように企業にも声がけをしていたようだ。「このイヴェントに乗ってくれるとヴァージニアンたちがあなたの音楽を聞き、製品を使い、ファンになるので参加してほしい」と。

その期待に応じて出展したソニーのドーム・エクスペリエンスを支えたのは、ライゾマティクスリサーチの真鍋大度、計良風太、上條慎太郎、CEKAIの中田拓馬、千合洋輔、Sagar Patelらだ。

彼らはソニーが今年発表した360度サウンドファイルとその編集ソフトを使い、まるでプラネタリウムで星を見るようにドームの天球から降ってくる音を楽しんでもらう体験を生み出した。参加者たちは音の降ってくる方向を向いて楽しみ、歌い、踊り出していた。

真鍋大度は、この体験の設計の意図や楽しみ方のコツをこのように語っている。

「コーチェラやソナーなど、ほかの音楽フェスでも360度音楽体験は増えてきています。でも、今回は初開催のヴァージアの地で、一般の方もフリーで参加できるソニーブースでの提供となるので、誰でもわかりやすく360度サウンドの魅力をわかってもらえるように設計しました」

「ファレル・ウィリアムス(N.E.R.D)& Rihanna(リアーナ)の『LEMON』のヴィジュアライズをライゾマティクスリサーチでお手伝いしたのですが、ファレルの声が聞こえる角度からリリックをテキストとして出すことで、来場者が360度サウンドの魅力である『多方面から音が降ってくる体験』を視覚でもわかりやすくナヴィゲートしています。楽しみ方としては、1回目は目を開けてリリックテキストを追い、2回目以降は目を閉じて音の降ってくる方向を追うと、いままでにない没入感を体験することができます」

ソニーは360度サウンド・ドーム「360 RA DOME EXPERIENCE」とライヴステージを出展し、チケットがなくても参加できる開放的な空間を提供していた。

海岸に響き渡る「ハレルヤ!」

最終日に突如として現れたのは、“ポップアップ・チャーチ”だった。

ファッション業界でよく採られる“ポップアップ”とは、リアルな店舗をもたないブランドがある期間だけ店舗をポップアップ(ポンッと姿を現す)させる手法のこと。「Girls Don’t Cry」や「Chinatown Market」などのブランドが、この手法でファンを拡大させている。

今回、SITWではこのポップアップの手法を使い、教会を砂浜に出現させた。ファレルがSITWは単なる音楽フェスではなく“コミュニティ・フェス”であると語っていたが、まさか教会でのコミュニティ活動を砂浜の上で再現するとは驚きだった。

ゴスペルあり、説教あり、海からの風が気持ちいい日曜日の砂浜で「ハレルヤ!」の声が響く空間に身を置くと、国境や宗教などさまざまな垣根を越えてコミュニティと一体化する感覚に包まれたのだった。

“ポップアップ・チャーチ”で隣合わせになったのは、ヴァージニアで20年以上教師をしているというルワンダ。彼女は興奮を抑えきれない様子で、このように語りかけてきてくれた。

「こんなに素晴らしい体験はこれまでにない。来年はメインイヴェントもチケットを購入して参加したいわ。ファレルのポジティヴなパワーは本当に凄い!」

1/3最終日の日曜日に砂浜に登場したポップアップ・チャーチの看板。教会が砂浜に“ポップアップ”した。 2/3メインステージとほぼ同じ大きさのステージのポップアップ・チャーチ。砂浜の上で教会の説教やゴスペルのパフォーマンスなどが行われた。 3/3「こんな素晴らしい体験はないわ!」と興奮しながら話しかけてくれたルワンダ。ヴァージニアで20年以上教鞭をとっている地元民も絶賛する「Something in the Water」であった。

コミュニティを目覚めさせるイヴェント

「黒も白も、赤も青もここにはない(人種の差も、政党の差もない)」とファレルは語る。

あらゆる境界を溶かしたこのイヴェントは、大成功に終わった。それはファレルの強い信念がアーティストや企業、行政そして参加者全員の中に眠るポジティヴなチカラを目覚めさせたからではないだろうか。

ヴァージニア州では、50年前から「Virginia is for Lovers」というスローガンを掲げている。イヴェントを終えたいま改めて感じるのは、この言葉は恋人たちのためだけではなく、ファレルのような「誰かを思う気持ち」をもつすべて人々に向けられたものなのではないかということだ。

いま、世界中では多くのイヴェントが開催されいている。それはきっと変化が激しいこの時代に求められているのが、圧倒的なリーダーによるトップダウンの決断ではなく、ディスカッションによってコミュニティ全体で変化を乗り越えることなのだと多くの人が感じているからではないだろうか。

今回ファレル・ウィリアムスと「Something in the Water」が示したのは、まさに新時代のイヴェントのあり方と、課題解決へのアプローチの方法だった。どうすればすべての人がポジティヴに向き合い、クリエイティヴィティを気持ちよく発揮できるような場をつくれるのだろうか? そのお手本をSITWは示したのだ。

ファレルが提示した「愛あるインクルーシヴィティをもつコミュニティ」が、これからの時代に増えていくことを期待してやまない。