東京都渋谷区のスクランブル交差点にベッドを持ち込んだ動画が炎上した問題で、ユーチューバーの男ら7人が13日(2019年5月)、警視庁から書類送検された。

ベッドを置く行為が歩行者の通行を妨害したとして道路交通法違反の疑いだ。20代のユーチューバーの男は「面白い動画を撮りたかった」と供述している。

「これにひるまず伝説のぶっ飛んだ動画をあげていく」

だが、警視庁へ出向いた際に自らアップした動画では謝罪の一方で、「今後については他のユーチューバーじゃできないような、伝説のぶっ飛んだ動画をあげていくんで、これにひるまず」と意気盛んな様子だった。

古谷有美アナ「ベッドを置く行為自体が迷惑なことですが、警視庁に向かう時にも動画にしてしまうんですね」

司会の国分太一「再生回数が増えれば、また過激なことをやりたいという気持ちになるのでしょか」

古谷「今回の騒動を受け、このユーチューバーの登録者数はかなり減ったそうです。書類送検されているので、日本のユーチューブ自体も何らかの対応が迫られていくかもしれませんね」

渋谷ではハロウィーンや年越しのカウントダウンの期間中に路上、公園での飲酒禁止条例を制定する問題が持ち上がっている。

国分「酒を禁止して迷惑行為が減るかな」

古谷「今後どうなっていくのでしょう」