遠軽打線炸裂!網走南ヶ丘の好左腕・石澤を攻略し、8回コールド勝ち!先発・石澤大和(網走南ヶ丘)

 遠軽vs網走南ヶ丘と北見支部では優勝候補として目される学校同士の対決が行われた。

 この試合の注目は網走南ヶ丘の144キロ左腕・石澤 大和をどう攻略するのか。遠軽打線は周到な準備をしていた。

 1回表、押し出しで1点を失ったが、1回裏、一死三塁から内野ゴロの間に同点に追いつくと、2回裏には無死一、二塁のチャンスを作り、1番東海林大貴(とうかいりん・3年)の左中間を破る適時二塁打、3番間村 湧介(3年)のライト越え適時二塁打、4番浅野 駿吾(3年)がセンターフェンス直撃の三塁打、さらに連打が続き、一挙5点を入れ、6対1とした。そして4回裏にも二死満塁から7番岡本大輝(2年)が詰まりながらも2点適時打を放ち、8対1と突き放した。

 ここまでの遠軽の攻撃内容を振り返ると、石澤が投じる140キロ前後の速球に対してはしっかりと目付けができており、多くの選手が振り遅れをせずに振り抜くことができている。そして120キロ後半のスライダーに対しても簡単に振らず、手元までボールを呼び込んで見送ることができている。なぜそれができるかというと、多くの選手が打席位置を工夫しながら。遠軽の選手はセンターから逆方向へ意識を持ったことで、体が開かず、しっかりとボールが見られていた。好投手攻略の基本だが、簡単に実践できるものではない。大事な試合で力を発揮した。

 石澤は4回を投げて、被安打12、8失点。ストレートは最速142キロが出ていて、決してボールが悪いわけではなかった。今後、石澤が高い才能がぶつかりあう大学、社会人、プロの世界で戦うには、徹底マークを超える投球をしなければならない。石澤のピッチングは高いレベルで勝負できている左腕と比べると攻めに奥行きがないところが気になる。球種の多さではなく、1つのボールに対して、幅広い使い方ができているか。調子が悪く、思うようにコントロールできなかったというのはあるだろう。遠軽打線に気持ちよく振り抜かれているのはどの点に課題があるのか。1つ1つのボールは一級品なので、この壁を乗り越えてほしい。

4番キャッチャー・浅野駿吾(遠軽)

 5回裏、遠軽は3番間村がレフトオーバーの適時二塁打を放ち、2点を追加。10対2と大きくリードしたが、6回表、網走南ヶ丘打線は打者8人、4安打を集中して、5点を返し、その裏にも敵失から2点を追加したが、再び7回表、網走南ヶ丘が1点を返し、8回表も無死満塁のチャンス。逆転を狙う網走南ヶ丘にとっては一気に畳みかけたい展開。

だが、ここで遠軽の捕手・浅野の冷静な判断力が生きる。代打・池田 奨(2年)は左飛。まずこれで1点を返されたが、浅野は三塁を狙っていた二塁走者の動きを見逃さなかった。「まず1点を取られるのは仕方なかったので、犠牲フライで二塁走者、一塁走者でアウトにできる場面を伺っていました。今回は二塁走者だったので、三塁に投げました」 中継からボールを受け取った浅野は自慢の強肩で三塁へ送球してアウト。これで二死となった。遠軽の阿波監督も、浅野自身も大きかったプレーだったと振り返る。浅野は「練習通りのプレーができました」と笑顔。一死と二死では全く違う。その後の打者を遊ゴロに打ち取った遠軽は8回裏、連打で無死一、二塁のチャンスで3番間村を迎えたところで網走南ヶ丘はエース・石澤が登板。ただ遠軽打線は石澤の球筋を完璧に読んでおり、間村が3安打目となる適時打。なんとこれで間村は4安打の活躍。

 間村は167センチ67キロと決して大きくないが、筋肉質の体型をしており、打撃スタイルもマン振り。力強いスイングをしており、今年に入ってから3本塁打を放っているという。石澤のストレートに対しても全く苦にせず、またマン振りのわりにインコースに対しても対応力も高い。セカンド守備を見ても泥臭さがあり、攻守ともに高いポテンシャルを秘めた選手ではないだろうか。

 そして4番浅野が4安打目となるセンター越え二塁打で二者生還し、15対9とする。浅野は打撃、守備ともに全国レベルの逸材。まず打撃はスクエアスタンスで重心を沈めたスタイルで手元でボールを呼び込んでインサイドアウトのスイングで振り抜き、長打を連発。ライナー性の打球が全く失速しない。高校通算3本塁打というのが信じられないぐらい体の使い方が良い。落ちる球にもしっかりとバットが止まり、選球眼も高い。そしてスローイングタイムは1.9秒台。タイムだけではなく、低い軌道で失速しないので、本物の強肩捕手。8回表に魅せた封殺プレーもあり、視野も広い。投手としてもマウンドに登り、最速146キロを計測する。

 全国でもなかなかいない高速スライダーを投げる140キロ左腕・石澤を攻略した価値は非常に大きい。このまま活躍が続ければ、さらに評価は上がる選手だ。

 そして押し出しで16点目を入れ、遠軽が注目の一戦をコールドで制し、支部予選準決勝へ進出した。次は昨秋、支部予選で敗れた北見工と対戦。好投手2枚擁し、なかなか手ごわい相手である。だが、この一戦で自信をつけ、さらに内容のある戦いを見せることを期待したい。

(文=河嶋 宗一)