京都の名所・嵐山に近い桂川の河川敷で野犬が繁殖し、群れが横行している。

渡月橋の下流2キロ付近で、高さ1メートルの薮がしげり、人が近づくと激しく吠えたてる。近くには子どもたちが遊ぶグラウンドがあり、近隣住民は「かまれないようにしないと」「夜はまるで野犬の運動会です。早く安全になってほしい」と神経をとがらせている。

「犬のエサちゃうで、ご飯の残りや」と残飯をばらまく

京都市は去年(2018年)4月からの1年間で42匹を捕獲した。うち20匹が子犬で、市動物保護センターの河野誠獣医師は「それだけ増え続けているということです。ドックフードやドライフードがばらまかれ、エサが豊富なので繁殖します」と話す。

取材スタッフが現場に張り込むと、夜8時半過ぎに紙袋を持った男性が現れ、まき始めた。「犬のエサちゃう。ご飯の残りや。犬食べるの、知らんで」とすっとぼけて走り去った。7分後には残飯はすっかり食べつくされていた。

さらに、中年と高齢の女性に幼い子ども2人という4人連れがドックフードを持ってやってきた。中年女性は「そんなに長いことあげてない。エサをやっているから、犬は攻撃してこないでおとなしい。やらないと(犬も)イライラする」という主張を並べたてた。

司会の小倉智昭「犬好きは可愛いと思うのだろうけど、困っちゃうね」

森本さやかアナ「最初にえさをあげてはいけません」

京都市は危険なうえに感染症の恐れもあると、エサやりをしないようアナウンスや看板で呼びかけるが、いたちごっこの様相だ。

夏野剛(ビジネスリーダー)「こういう問題はいろんなところにある。どこかで割り切らないといけません。行政の役割をもう少し強める必要があります」

自分で飼わずにエサだけを与える人が、周辺に危険や迷惑をばらまき続けている。