カラオケで歌って痩せるコツ。カロリーを消費しやすい歌い方&曲選び
 こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。

 突然ですが、みなさんカラオケには行きますか? 歓送迎会が多い春には、二次会でカラオケに行った人も多いのではないでしょうか。また、なかには人前で歌声を披露する前に練習をしに行く、日々のストレスを一人カラオケで発散するなんて方も少なくないようです。

 そんなカラオケ好きのみなさんに朗報! 実はカラオケって、ダイエット効果にも期待できるのです。

◆カロリー消費量が多い曲は、声時間が長いバラード系

 カラオケ機器や映像、音響などを提供する『第一興商』が、通信カラオケDAMに搭載の「カロリーカラオケ」で、カラオケ画面に表示される消費カロリー標準値を算出し、カロリーランキングを調査(株式会社第一興商 通信カラオケDAM調べ)。興味深いランキングを発表していました。

※2018年4月1日〜2019年3月31日の1年間で通信カラオケDAMに配信した全楽曲の中から、2019年3月度のカラオケリクエストランキングトップ300を調査対象とし、消費カロリー標準値が高い上位20曲を抽出

 早速トップ5を見ていきましょう。

第5位 願い〜あの頃のキミへ〜/當山みれい・・・16.9kcal

第4位 サヨナラまたな /んだほ & ぺけたん from Fischer's・・・17.3kcal

第3位 正解(18FES ver.)/RADWIMPS・・・17.3kcal

第2位 GOOD NIGHT BABY/あいみょん ・・・18.7kcal

第1位 三浦大知/Blizzard ・・・20.2kcal

 消費カロリー1位は、三浦大知さんの「Blizzard」。20.2kcalというのは、体重50kgの人が自転車に約5〜6分間乗ったときの消費カロリー量に相当するそうです。

 トップ5はどれも曲の長さが5分以上ある、長めの曲がランクインしました。自転車を25分漕ぐと考えるよりは、トップ5曲を歌ったほうが、室内だし髪もボサボサにならないし、快適にダイエットできるのでよさそうですね。

 ちなみに、消費カロリーだけでなく、歌い方も工夫するという点でおすすめなのはバラード曲です。トップ5のなかだとRADWIMPSの「正解(18FES ver.)」ですね。

 第一興商も、感情を込めて力強く歌う(お腹に力を入れて)ことやアップテンポで激しい曲、発声時間が長い曲を選ぶこと、大きな声で腹式呼吸をしながら歌うことが高消費カロリー値を出すポイントだと伝えているので、曲選び・歌い方の参考にしてみてはいかがでしょうか。

◆お腹がグーッと動くように意識して!

 さて、選曲はバッチリですか? そうしたら次は、感情を込めて力強く歌うコツ。そのためには、お腹に力を入れることができるかが重要になってきます。

 そこで意識したいのが“腹式呼吸”。これは、ヨガインストラクターである筆者の得意分野。腹式呼吸とは、お腹を意識した呼吸のこと。

 吸う息では肺が大きく広がって横隔膜を下げ、お腹が膨らみ、吐く息ではお腹をギューッと引き締めていきます。このような呼吸をすることで、内臓がマッサージされて機能がよくなったり、お腹をへこませるために必要な深層筋を刺激できたりと、ダイエット効果に期待できるのです。

 腹式呼吸はいつでもどこでも練習できるので、ちょっとした空き時間などに練習をしてみるとよいでしょう。感覚がつかみにくい方は、手をお腹にあてて動きを感じながらおこなってみて。お腹の表面だけが軽くへこむ・膨らむ程度ではなく、グーッと大きく動くように意識しましょう。感情がこもるパートや一小節が長いパートの部分はぜひ腹式呼吸で。

 肩で息をするような呼吸と比べると、発声もよくなり歌が上手くなるかも?

◆基本は立ち姿勢で歌うべし

 体を動かすと、消費カロリーが増えます。一人カラオケなら人目を気にせずに、体を大きく動かしながら歌ってもよいでしょう。

 基本は立ち姿勢です。マイクを持っていない方の腕を上げて大きく回したり、上体を軽く前傾させて(ひざを軽く曲げて)お腹や足の筋肉を意識したりするのも◎。

 さらに燃焼効果を高めたい方は、腰を左右にねじったり、右ひじ×左ひざ・左ひじ×右ひざにタッチする動きを入れたり、スクワットをしたりしながら歌ってみては。

 カラオケがダイエットになるだなんて、ちょっと嬉しいですよね。みんなでワイワイするのもよいし、一人で心置きなく歌って踊ってもよいし、楽しみながらカロリーを消費させちゃいませんか。

<文/高木沙織>

【高木沙織】
美容ライター/ヨガインストラクター/ビューティーフードアドバイザー/スーパーフードマイスター。多角的に美容・健康をサポートする活動を行っている。過去には『AneCan』『Oggi』の読者モデル、ファッションモデル、ナレーター等も経験。Blog、Instagram:@saori_takagi