©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

主人公・財前五郎役に岡田准一を迎え、テレビ朝日の開局60周年を記念した超大型ドラマスペシャルとして5月22日(水)から5夜連続で放送される『白い巨塔』。

同作の放送に先がけ、東京・墨田区の東京スカイツリーで『白い巨塔』オリジナルライティングが実施される。

©テレビ朝日

大阪の大学病院を舞台にした同作は、医療ドラマの枠を超えて人間の本性に迫り、山崎豊子作品の中でも“最高傑作”と呼び声の高い名作。

そんな『白い巨塔』と東京スカイツリーのスペシャルコラボがこのたび実現することとなり、5月20日(月)、21日(火)の2日間限定で東京スカイツリーが真っ白な“白い巨塔カラー”にライティングされる。

これまでにも様々なライティングを実施してきた東京スカイツリー。今回の『白い巨塔』をイメージしたオリジナルライティングでは高いタワーが真っ白に染まり、まさに“白い巨塔”が都内に出現することになる。

さらに、東京スカイツリー天望デッキ フロア350では、『白い巨塔』の特別展示も実施される。5月20日(月)から26日(日)の7日間、劇中に登場する貴重な衣装や小物が展示される予定だ。