「どうして私には家族がいないの? どうして……どうして……!」「お前にはもう、そばに家族はおらん。だがわしらがおる、一緒におる」「おじいさん、おじいさん!」

 それまでの張りつめていた糸が切れたように号泣する9歳のなつ(粟野咲莉)。そんななつを抱きしめる泰樹(草刈正雄)……いやあ、いい最終回でした。え、まだ終わってない?

 そうでした、子ども時代から時が飛びなつ役は広瀬すずにシフト。過去の朝ドラヒロイン勢に加えて、18歳になったなつを支えるイケメン俳優陣もザクザク現れ、ますます盛り上がりを見せるNHKの朝ドラ『なつぞら』。

 ん、本当に盛り上がってます? Webや雑誌の記事のアツさはともかく、私を含めた視聴者の頭にはソコソコのモヤモヤが生まれている気もするのですが。


©時事通信社

朝ドラあるあるの「ヒロイン至上展開」開始

 まず整理したいのがなつのキャラクター。

 父の戦友・柴田剛男(藤木直人)に連れられ、北海道・十勝へとやってきた奥原なつ。身を寄せる柴田牧場では「私、なんでもします、働きます!」と早朝から牛の世話を手伝い、牧場主・泰樹の娘で剛男の妻・富士子(松嶋菜々子)に「おばさん、ありがとう!」といきなり抱きついて「なんだかあの子、子どもらしくない」と言わしめる。

 9歳のなつはただの健気な戦災孤児ではなく、生きるため、生き抜くためにどんなことでもするたくましさを宿し、ある種のあざとささえ身につけた子どもとして描かれていました。

 それから9年後。18歳になったなつは柴田牧場の仕事を手伝いながら、農業高校で酪農を学んでいます。

 生まれたばかりの子牛が死にかけた時には、牛のプロ、泰樹が諦めても人工呼吸で子牛の命を救い、その様子をクラスメイトのよっちゃんを牛に見立ててクラス全員の前で実践披露。演劇の大会ではいきなり主役に指名され、舞台を観た泰樹はいとも簡単に拒否していた農協への加入を決意。さらに生き別れの兄を探しに行った東京では、アニメーション制作スタジオで描いた絵をプロに褒められる。

 ああ、これはアレですね。朝ドラあるあるの「ヒロイン至上展開」。

 どんなことをしてでも生き抜こうとする力強さと、孤独をたたえた瞳が印象的だった9歳のなつ。開拓民一世である泰樹は、その瞳の奥に誰にも頼らず生きてきたかつての己の姿を見て彼女を受け容れ、1人の人間として認めたのでしょう。

「おら、アイドルになりてえ!」本人意思のないヒロインの姿

 が、18歳になったなつはなんだかふわっとしています。柴田家の人々の前で泣いた日から彼女の中でなにかが変わったのだと理解しつつ、自分で道を決め切り拓いていくというよりは、周囲の人が提示したことにふんわり乗っているという印象。

 いや、別に今すぐ「おら、アイドルになりてえ!」とか「女子のための大学校を!」とか宣言して欲しいわけじゃないんです。ただ、本人の意思が明確でないのに、周囲になにかとアゲられ、道を用意されるヒロインに感情移入はしにくいよね、とも思う次第で。

 このヒロイン像は『なつぞら』脚本家・大森寿美男氏のひとつの意図でもあるようです。大森氏はNHKオンラインのインタビューで「自分の意思を貫いて生きていくヒロインではないと思いました」(中略)「人の心に流されながら、出会いと関わりのなかで、人生を見いだしていくヒロインだと思ったんです」と語っており、まあ、脚本家の意図がそうなら……はい。

『アルプスの少女ハイジ』のおんじから『真田丸』の真田昌幸へ

 キャラ変という意味では草刈正雄演じる泰樹もなかなか激しい。主人公を厳しく導き、あたたかく見守る『アルプスの少女ハイジ』のおんじから、いつの間にか御家のため、なつと孫との政略結婚(?)をもくろむ『真田丸』の真田昌幸に。おんじ、気持ちは分からなくもないけれど、SNSでの株はダダ下がりだよ。

 次にストーリー展開。特に第5週【なつよ、お兄ちゃんはどこに?】での“偶然の羅列”にはネット上でかなりのザワつきがありました。

 空襲をともに生き延びた佐々岡(工藤阿須加)が十勝を訪れたことをきっかけに、なつは生き別れの兄・咲太郎(岡田将生)を探すため、富士子とともに東京へ。

 佐々岡と合流したふたりは、新宿の有名店・川村屋でマダム(比嘉愛未)から街の実力者を紹介され、浅草の劇場で働く咲太郎を発見……って、早っ! 何年も音信不通で佐々岡も見つけ出せなかったはずなのに。

警察に捕まる兄を置いていくなつと、自らを貫き続ける夕見子

 さらに柴田家と付き合いの深い帯広の和菓子店・雪月の主人、小畑雪之助(安田顕)もかつて川村屋で修業していたとか、佐々岡が去ったのときっかり入れ違いに、なつの友人・天陽(吉沢亮)の兄で東京の大学で美術を学ぶ陽平(犬飼貴丈)が店を訪れ、なつをアニメーションの制作スタジオに連れていくとか、いくら東京編の前振りだといってもさすがに偶然起きすぎモード。

 ねえ、なつ、やっと会えたお兄ちゃんは警察に捕まり、妹の消息もはっきりしない中、アニメのスタジオに見学に行っちゃって大丈夫なの。兄妹のことはいいのかい?

 だんだんアラ探しみたいになっていますが、半年続く朝ドラでは物語の芯の部分さえ魅せてくれれば、些末なことは気にならないんです。枝葉の部分が気になってしまうのは、やはりなにかが大きくブレているからで。

 そんな中、ブレずに自らを貫き、多くの視聴者から共感を得ているのが柴田家の長女・夕見子(福地桃子)のストレートな物言い。

 なつが演劇の稽古で迷っていると「やるなら人のためじゃなく、自分のためにやりなよ。だったら応援する」、雪原の中では「私にはなんもないから、自分の生きる場所は自分で選べるような人間になりたい」と、要所要所でズバっと語るその言葉は真っ直ぐこちらに届きます。

美少女・広瀬すずと、そのお膳立てをする笑顔爽やかなイケメンたち

 一見、わがままに育てられた意地悪なお嬢さんかと思いきや、じつは誰よりもなつを理解し、柴田家への恩から彼女を十勝に縛り付けてはいけないと思っている夕見子の存在が、今後の大きな鍵になる予感も。

 子役時代には“ネオ朝ドラ”になるかも、と毎朝テンション高く観ていた『なつぞら』。ですが、自分の美少女ぶりにも周囲からの好意にも気づかないヒロインと、彼女のためにさまざまなお膳立てをし、笑顔を見せるイケメンたちを見ていると、これは……少女漫画か乙女ゲーの世界なのか、と若干、ムズムズしてきました。照夫兄ちゃん、切なすぎるよ。

 なつよ、100作目の朝ドラでお前はどこに行こうとしているのか。

(上村 由紀子)