フランス 医師が植物状態の男性の生命維持装置を近く外す決断

ざっくり言うと

  • 2008年に交通事故に遭い、フランスの病院で植物状態にある42歳の男性
  • 担当医が生命維持装置を近く外す決断をし、家族に通知したという
  • 男性を巡っては延命か安楽死かで家族が分裂し、法廷で争う事態となっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x