11日、京都競馬場で行われた第2R・3歳未勝利で、1位に入線した16番テイエムイブシギン号(田中健騎手)は、決勝線手前で外側に斜行し、1番サンマルベスト号(畑端省吾騎手)の走行を妨害しました。その走行妨害がなければ被害馬サンマルベスト号は加害馬テイエムイブシギン号に先着できたと裁決委員が認めたため、16番テイエムイブシギン号は2着に降着となった。

 これにより、田中健騎手は5月18日(土)から5月26日(日)まで9日間の騎乗停止となった。

※JRA発表による

【京王杯SC】福永「走破時計優秀」トゥザクラウン次走に繋がる4着