「白人至上主義だ」広島県の被爆少女を描いた小説の映画化で批判殺到

ざっくり言うと

  • 広島県で被爆した少女の生涯を描く、ハリウッド映画の制作が決定した
  • ところが白人女性が主役であると判明すると、SNSなどで批判が殺到
  • 米国内ではアジア系市民を中心に「白人至上主義だ!」と反発が広がっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング