米グーグルが展開している音楽のサブスクリプション(定額課金)サービスは、ここのところ、新規利用者の獲得に苦戦しており、有料会員数の伸びが止まっていると、米ウォールストリート・ジャーナルや米ザ・バージなどの海外メディアが伝えている。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

4カ月間、成長が止まる

 グーグルは、昨年(2018年)5月、音楽ストリーミングサービスのブランド再構築を行い、新たに「YouTube Music」を立ち上げた。同社は今でも従来サービス「Google Play Music」を提供しているが、昨年5月から今年3月までの期間、これらを合わせた有料会員の数は約600万人増加し、合計約1600万人となった。

 グーグルの広報担当者は、この数字のとおり、有料会員数が過去1年で60%伸びたとし、高い成長性をアピールしている。しかし、グーグルの有料会員は、昨年12月から今年3月までの4カ月間で頭打ちになったと、事情に詳しい関係者は話している。

 これに対し、スウェーデンのスポティファイ(Spotify)の有料会員数は1億人。米アップルは同5000万人(ドイツ・スタティスタのインフォグラフィックス)。

 また、米アマゾン・ドットコム(楽曲数が限定的なPrime会員向け「Prime Music」を含む)は、3000万人だった。グーグルはアマゾンに次ぐ4位の企業で、会員数はアマゾンの半数程度。スポティファイとアップルは、昨年5月から今年3月までの期間に有料会員を、それぞれ2000万人、1000万人増やしていると、ウォールストリート・ジャーナルは指摘している。

世界43カ国で新サービスを展開

 YouTubeは依然、音楽ストリーミングの分野で、利用者が最も多いサービス。無料で音楽ビデオが視聴できるからだ。

 しかし、有料サービスに移行してもらうのは、困難な状態だと、ウォールストリート・ジャーナルは伝えている。無料トライアル期間が終了すると、多くの人が利用をやめてしまうからだという。

 グーグルのサブスクリプションサービスには、YouTube Musicの機能に加え、動画も広告なしで見放題になる上位版「YouTube Premium」もある。

 同社は現在、YouTube MusicとYouTube Premiumを世界43各国で提供している。今年3月中旬には、インドでYouTube Musicを開始した。こうしてサービス提供地域を増やしているのにもかかわらず、同社は会員の獲得に苦戦していると、同紙は伝えている。

世界の音楽サブスクリプションは急成長

 ただ、音楽産業全体を見ると、サブスクリプションサービスは急成長しており、グーグルにも成長の余地が十分にあると言えそうだ。国際レコード産業連盟(IFPI)によると、世界のレコード(録音)音楽売上高は昨年、4年連続プラス成長となった。

 近年、この市場を牽引しているのはストリーミングサービスだ。ストリーミングには、サブスクリプションサービスと広告付きの無料サービスがあるが、成長を支えているのは、後者のサブスクリプション。その売上高の前年比伸び率は32.9%。会員数は昨年、2億5500万人に上り、これによりもたらされた金額は、レコード音楽売上高全体の37%と、ほぼ4割に達している。

 (参考・関連記事)「音楽産業を衰弱させた“デジタル”は今や復活の希望」

筆者:小久保 重信