ハートランドに住むプアーホワイトの家には星条旗が掲げられている。Madeleine L. Keller, University of California, Santa Cruz撮影


[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

銃乱射事件に驚かなくなった米国民とメディア

 日本が令和ブームに沸いている最中、米国では日常茶飯事のように銃乱射事件で人の命が奪われている。

 「令和前夜」の4月末には、カリフォルニア州パウウェイでは礼拝中のユダヤ教礼拝所(死傷者4人)、南部ノースカロライナ州シャーロットでは大学キャンパス(死傷者6人)で起こった。

 死傷者が比較的少なかったせいだろう。米メディアは地元メディアを除けば、どちらの事件も大々的には報道していない。

 米国人は銃で人が殺されることに麻痺してしまってのだろうか。

 米疾病対策センター(CDC)によると、銃で殺された米市民は、ドナルド・トランプ政権になってからは年間1万5000人台で高止まりしている。

 銃はほかの人間を殺すだけではない。世の中に絶望し、銃で自分の命を絶つ人が後を絶たないのだ。

 銃による自殺者数は2016年には2万2938人、2017年は3万9773人と急増している。銃によって殺された市民の約2倍になっている。

 1万人当たり6.9人が銃で命を絶っていることになる。トランプ政権になって銃による自殺者は着実に増えている。

(https://www.theguardian.com/us-news/2018/dec/13/us-gun-deaths-levels-cdc-2017)

失業率低下、経済好調なのに自殺者が増える

 MIT(マサチューセッツ工科大学)のノーム・チョムスキー名誉教授はこう話す。

 「自縛自棄に陥った国家は、トランプのような徹底した人種差別主義者で超国家主義者を生む。その元凶は銃文化だ。今米国が抱える最大の問題の一つは、プアーホワイト中高年の自殺だ」

 なぜ白人中高年が自殺するのか。トランプ政権になって銃による自殺者が増えている理由は何か。

 失業率は下がり、米経済は好調だというのになぜプアーホワイトの男たちは死を急ぐのか。

 こうした疑問に真正面から答える本が出た。

 トランプ大統領の支持者の多い南部テネシー州や中西部ミズーリ州、カンザス州に足を踏み入れて、精力的に聞き取り調査を行った精神科医で社会学者の新著だ。

 ただデータを分析しているのではなく、自殺する白人中高年層の深層心理に至るまで精神科医として診断し、分析しているところがこの本の強みと言っていい。

社会学・精神医学の「二刀流」で自殺症候群を分析

 著者はテネシー州ナッシュビルにあるバンダービルト大学のジョナソン・メッツル教授(55)。同大学医学公衆衛生研究所所長を務める傍ら、社会学と精神医学を教えている「二刀流学者」だ。

Dying of Whiteness: How Politics and Racial Resentment is Killing America's Heartland by Jonathan Metzl Basic Books, 2019


 著書のタイトルは『Dying of Whiteness: How the Politics of Racial Resentment is Killing America's Heartland』(白人たちが死んでいく:人種の不満を煽る政治は米国のハートランドをいかにして殺してしまうのか)。

 ハートランドとは、伝統的な価値観が支配的な米大陸のど真ん中、南部、中西部を指す。

 メッツル博士は、米国のハートランドであるミズーリ州カンザスシティ生まれ。その後南部、中西部各地に住み、ミズーリ大学で医学博士(精神科)を取得した後、シカゴ大学大学院で米国文化を専攻し、社会学博士号も取得している。

 同博士はプアーホワイトと銃文化の相関関係を社会学と精神医学の両面から究明してきた。

 同博士が実態調査の対象にしたのは土地勘も生活感もあるミズーリ、ミシガン、テネシー州の低所得層の住むプアーホワイトたちだ。

 この3州は、現在「レッド・ステート」*1、つまり共和党の金城湯池になっている州だが、かっては民主党と共和党とが共存していた。

*1=共和党の勢力が強い州を「レッド」、民主党の勢力が強い州を「ブルー」で表す習慣が20年ほど前からメディアでは定着している。

 開拓時代からハートランドは伝統やしきたりを重んじてきた。連邦議会でも州議会でも両党所属議員が交互に選ばれるようなことが少なくなかった。

 ところが全米規模で広がる人口構成の多様化でハートランドに住む白人たちの生活も変化せざるを得なくなってきた。移民は田舎町にも流入してきた。

 白人たちは身構えた。自分たちの命と財産を守るため(と称して)それまで以上に銃を持とうとした。

銃規制撤廃、反オバマケア、取り残された貧困
衝動的自殺を生む原因に

 メッツル博士によれば、こうした社会環境の変化はトランプ政権下でさらに勢いを増しているという。

 背景には何があるのか。同博士は3点を挙げている。

一、「レッド・ステート」の政治家たち(選ばれる連邦議会議員はもとより、州知事、州議会議員、市長たち)は、銃規制強化に真っ向から反対し、銃保持を推進させるための州法や市条例を次々と成立させた。

 全米最大のロビイスト団体「全米ライフル協会」(NRA)がこうした動きを物心両面から支援した。

 こうした政治的傾向はハートランドに住む白人住民の深層心理(銃保持願望、非白人差別)と連動していた。

 政治家たちは口が裂けても「銃規制強化」を主張できないような環境が出来上がっているのだ。

二、オバマ政権が実施した国民医療保険制度改革(オバマケア)やメディケイド(低所得層のための国民医療保障制度)の対象拡大に対する反発だ。

 それによって得をするのは非白人(黒人やヒスパニックの)の貧困層であり、流入する移民である、という一方的な解釈がこの地域に住む白人層に定着してしまった。

 オバマケアは反オバマ、つまり反黒人の象徴的存在になっている。

 これこそがオバマケア粉砕をスローガンに掲げるトランプ氏を熱狂的に支持する原動力になってしまった。

三、皮肉なことだが、トランプ政権が打ち出した減税措置と公的資金抑制策はこの地域に住むプアーホワイトの生活を直撃した。

 減税の恩恵を受けたのは大企業と富裕層だけでプアーホワイトではなかった。

 逆に貧困ライン以下の白人たちにとっては低所得層向けの年金額が減り、公共の学校、病院、高齢者向け施設への連邦政府助成金は削減される結果になっている。

 あれほど期待して支持したトランプ大統領からプアーホワイトはその意味では裏切られてしまった。「トランプ革命」から取り残されてしまっているのだ。

 それがプアーホワイトの男たちが銃自殺する原因になっている――というのは、やや論理の飛躍があるように思える。

 しかし、メッツル博士はハートランドに住むプアーホワイトたちを個別に訪問して聞き取り調査し、その根拠を明らかにしている。

肉親が自殺しても「銃保有は諦め切れない」

 同博士は、自分の郷里でもあるミズーリ州の南部に住む低所得層の白人家庭をケーススタディに、「プアーホワイト」たちが銃自殺する理由を解明している。精神科医としての分析が光る。

 「この地域はレッド・ステートでも真っ赤に染まった共和党支持基盤だ。むろん銃保持堅持派の人しかいない。ある一家が私を家に招いてくれ、そこに近所の人たちも集まってくれた」

 「銃で息子や娘、夫や妻、両親が自殺した遺族もいた。自殺した肉親の話になると、部屋は悲しみに包まれた」

 「しかし、それで銃を憎むということではなかった。みんな銃を保持することには変わりはなかった。銃は自分たちの命を守ってくれると信じ切っていた」

 「『愛する人たちを銃で失って銃に対する考え方は変わりましたか』と聞こうとして私は躊躇した」

 「『愛する人たちが死んだのは銃のせいじゃない』という答えが返ってくることが分かっていたからだ」

 「そこで『銃を保持することが許されている社会であなたたちはどうやって自分を守れると思いますか』と聞いてみた」

 「彼らの中には『何か策を講じる必要がある』と答える人もいた。だが具体的にどうするか、については答えを持ち合わせていなかった」

 「銃によって肉親を亡くした悲しみに浸りながらもNRAの主張に反論できるような考え方も表現力も皆無なのだ」

身近に銃があるから衝動的に引き金を引く

 プアーホワイトの男たちがなぜ自殺するのか――。

 同博士は、プアーホワイトが銃を使って自殺したがる要因を精神医学からこう説明する。

 「精神科医として彼らの深層心理に強い関心があった。銃で自殺するのは深く考えた末のものではなかった。衝動的行動だった」

 「人は59分未満(つまり1時間たらず)の間に自殺を決める」

 「長いこと思案して思案して自殺を決意するわけではない。理由はいくつかある」

 「職を失った、妻が逃げてしまった、子供が非行に走った、生きるのが嫌になった。これは何も南部や中西部に住むプアーホワイトだけではない。世界的現象だ」

 「ただ米国のハートランドでは銃は野放し状態だ。銃保有は憲法で認められている市民の権利だ。これらの州では誰もが銃を買えるし、保有できる」

 「身近に銃がある、死にたい。銃を握る。引き金を引く。死ぬために薬を買う必要もない。ナイフで心臓を突きさす必要もない」

 本書は東部、西部のインテリ層だけでなく、ハートランドの学者や政治家にも少なからぬインパクトを与えている。

 ミズーリ州下院議員を8年間務めたステイシー・ニューマン氏はこうコメントしている。

 「メッツル博士は今ハートランドで起こっている現象を見事にとらえている。私は8年間州下院議員を務めたが、メディケイドの対象を広げる論議の根っこにあるのはレイシャル・リゼントメント(非白人に対する白人の鬱積した憤り)だ」

 「そうした理由はこれまで議題にすらならなかった。またこれだけ銃による自殺や偶発的な発砲で子供が死んでも銃規制の強化が進まないのも人種主義が要因だった」

 メディケイドの恩恵を受けているのは黒人やヒスパニックだけではない。ハートランドに住むプアーホワイトの高齢者も恩恵を受けている。

 それだけではない。州にはメディケイド関連の仕事をもたらしている。州経済にとっては重要な財源が入ってくる。

 それにもかかわらず同制度の対象を拡大することに反対するのはなぜか。根底に横たわる中西部や南部に根強い人種差別なのだ。

 人種差別と銃文化。これがトランプ氏を大統領に押し上げた2大要因だとすれば、トランプ政権下で、わずか2年のうちに銃乱射事件が増え、同時にトランプ政権下でも取り残され、絶望したプアーホワイトの銃自殺が急増するのは自然な現象なのかもしれない。

 2020年の大統領選でもトランプ氏を再選させようとするハートランドに住む白人有権者をハートランドの外に住む米市民はどうみているのだろうか。

 ロサンゼルス在住の高校で40年間社会科を教えてきた元教師(リベラル派の50代の白人男性)は筆者にこう指摘した。

 「論理だてて考えればおかしなことも特定のコミュニティや階層ではまかり通ることがままある。そこに住む者にしか分からないノーム(norm=規律)のようなものだ」

 「オバマ政権で恩恵を受けなかった黒人低所得層もオバマ氏が黒人だからということで90%以上が最後まで支持した」

 「同じことがトランプ氏に対するプアーホワイトの考え方についても言える」

 「トランプ氏は東部生まれ、東部育ちの大金持ちだが、こと人種問題ではプアーホワイトと考え方を共有している。それをプアーホワイトは動物的感覚で嗅ぎ取っているのだろう」

 「彼には宗教心やモラルの欠如があるにもかかわらず、エバンジェリカルズ(キリスト教原理主義者)はトランプ氏を支持する。その理由はトランプ氏が同性愛に反対し、人工中絶反対を貫いているからだ」

 「プアーホワイトが今なおトランプ支持なのは、トランプ氏なら絶対に銃を取り上げないし、黒人やヒスパニックの侵入から自分たちを守ってくれると信じているからだ。そういう大統領や大統領候補はほかにいないしね」

 「これはまさに『カルト的メンタリティ』としか言いようがない。悲しいことだがハートランドではそれは一朝一夕には治らないということだ」

 専門家は銃による犠牲者は増え続けるし、銃自殺者も同じように増えると予測している。

筆者:高濱 賛