日本時間5日、チャーチルダウンズ競馬場で行われたアメリカ競馬3冠の初戦、ケンタッキーダービーに日本馬のマスターフェンサーが参戦。レースは最後方からの競馬となったが、直線最内から豪快に追い込み6着となった。

6着 マスターフェンサー
角田晃一調教師
「前走より体もふっくらして、本当にたくましい馬だなと思いました。あとは馬が無事で、次のレースに向かうことが出来ればと思っています」

6着 マスターフェンサー
J.ルパルー騎手
「過去のレースを観てスタートが遅いのは把握していましたし、このようなレースになるのも分かっていました。最後は非常に良い脚を使ってくれました。この馬場、競馬場も合いますし、距離が延びても良いと思います。」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

【NHKマイルC】デムーロ「令和初の重賞勝ててうれしい」アドマイヤマーズがV!

直線鋭く追い込んで惜しい6着

 日本時間5日、アメリカのチャーチルダウンズ競馬場で行われた12R・ケンタッキーダービー(G1・3歳・ダ2000m)でF.プラ騎乗、カントリーハウス(牡3・USA・W.モット)が、1位入線したマキシマムセキュリティの前代未聞の降着により、2位入線から繰り上がりで優勝した。

2着にコードオブオナー(牡3・USA・C.マゴーヒーIII)、3着にタシトゥス(牡3・USA・W.モット)が入った。勝ちタイムは2:03.93(不良)。

 日本馬、J.ルパルー騎乗のマスターフェンサー(牡3・栗東・角田晃一)は6着敗退。
 なお、11番ハイカル、12番オマハビーチは出走取消となっている。

【全着順】
1着 カントリーハウス
2着 コードオブオナー
3着 タシトゥス
4着 インプロバブル
5着 ゲームウィナー
6着 マスターフェンサー
7着 ウォーオブウィル
8着 プリュクパルフェ
9着 ウィンウィンウィン
10着 カッティングヒューモア
11着 バイマイスタンダーズ
12着 ヴェコマ
13着 ボーディエクスプレス
14着 タックス
15着 ロードスター
16着 ロングレンジトディ
17着 マキシマムセキュリティ(1位入線後降着)
18着 スピンオフ
19着 グレイマジシャン

(出走取消)
ハイカル
オマハビーチ